イオンカードにおける仮カードの機能、本カードとの違いを図解で解説

イオンカード

イオンカードにおける仮カードとは、本カードが発行されるまで一時的に利用できるカードのことです。

即日発行が可能であるため、申し込んだ当日からイオンでお得に買い物することができたり、ポイントを貯めたりできます。

一方で、イオン加盟店以外のお店での買い物やキャッシングは、仮カードでは利用できません。

この記事では、イオンカードにおける仮カードの機能、申し込みから本カードが発行されるまでの流れなどを、図解を用いて分かりやすく解説していきます。

イオンカードの仮カードについて不明点がある方は、一読してみてください。

⇒イオンカード(WAON一体型)の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

仮カードとは?

仮カードは本カードが届くまで一時的に使うためのもの

イオンカードはインターネット申し込みにより発行されます。

申し込みの際「店頭での受け取り」を選択し審査に通れば(審査時間は30分程度)、イオン加盟店の店頭で「即時発行カード」と呼ばれる仮カードを受け取ることができます。

仮カードは本カードの一部機能が制限されています。

本カードを発行するには2週間程度かかるため、今すぐポイントを貯めたり、割引サービスを受けたい人に向けて仮カードを発行しているのです。

そのため、本カードが届いたら仮カードは完全に用済みであるため、捨てても構いません。

仮カードは、本カードが届くまで、限られた機能の中で活用するものなのです。

仮カードと本カードの違い

イオンカードにおける仮カードと本カードの違い

仮カード 本カード
イオン加盟店以外での
カード支払い
×
WAON(電子マネー) ×
限度額 10万円 10~100万円
キャッシングカード機能 ×

仮カードには「国際ブランド」「WAON」「キャッシングカード機能」が付いていません。

そのため、これらの機能を使うためには、本カードが届くのを待たなければなりません。

他の即日発行カードと比較すると、仮カードの利用用途は非常に狭いため、目的を叶えるためには申し込みから2週間後に届く本カードを待つ必要があるかもしれません。

イオン加盟店以外でのカード支払い

イオンカードの仮カードには国際ブランドが付いていません。

クレジットカードにおける国際ブランドの役割とは…

国際ブランドとは、クレジットカードに記載されている「VISA」「MasterCard」のこと。

例えば、自分がVISAカードを持っていれば、VISAの加盟店でカード支払いが可能です。
逆に仮にクレジット決済が可能な店舗でも、その店舗がVISAに加盟していなければ、VISAカードで支払いをすることができません。
クレジットカードにおける国際ブランドの役割
そもそも、クレジットカードに国際ブランドが付いてない場合、店舗やショップでカード支払いはできないんです。

『国際ブランドが付いてないカードは何の意味があるの?』

例えば、ポイントカードとクレジット機能が一体化したカードの場合、特定の店舗でのみカード支払いが可能になります。
要するに、国際ブランドを通すか通さないのか問題です。
国際ブランドを通せば、加盟店であれば海外でもカードを使うことができる。
一方で、国際ブランドを通さなければ、特定のごく限られた店舗でのみカードを使うことができるということです。

イオンカードの仮カードには国際ブランドが付いていないため、イオンマークのない店舗やネットショップでカード支払いをすることはできません。

仮カード「イオンマーク」のあるお店のみで使うことができます。

海外旅行のために急いでクレジットカードを作りたい方には、イオンカードはおすすめしません。

イオンカードの仮カードは国際ブランドが付いてないため、海外に持って行ってもカードで支払うことはできません。

海外で買い物ようにクレジットカードを作りたいのであれば、旅行の2週間前までに申し込みを済ませて、本カードが使えるようにしましょう。

本カードは「VISA」「MasterCard」「JCB」の中から国際ブランドを選べるため、海外でも各国際ブランドの加盟店でカード払いが可能です。

ちなみに、海外ではVISAの加盟店が多いので、VISAがおすすめです。

WAON

イオンカードは電子マネーである「WAON」と一体化していますが、仮カードにはWAONが付いていません。

ポイントを貯めることもできなければ、使うこともできないです。

限度額

通常、イオンカードの限度額は10~100万円です。

正社員として働いている方の場合、30~50万円に設定されることが多いでしょう。

一方で、仮カードの限度額は一律で最低額の10万円です。

イオンでしか利用できないため、10万円も使うことはないとは思いますが、仮カードで大金を使えないことは覚えておいてください。

キャッシングカード機能

イオンカードはキャッシングカードとしても使えるため、コンビニのATMや銀行で簡単にお金を借りることができます。

普段お金を借りない人でも、海外に行くとキャッシング機能を使う人は多いと思います。

仮カードではキャッシングカード機能は使えないため、お金を借りることはできません。

仮カードで出来ること・出来ないこと

イオンカードにおける仮カードの機能

本カードと比較すると、仮カードはかなり機能が制限されています。

しかし、イオンで使えば、カード支払いができる上にポイントも貯めることができます。

 

イオンカードで貯まるポイントは「ときめきポイント」と呼ばれており、多くの商品・電子マネー等と交換することができます。

イオンで買い物すれば、ポイント還元率は1%であるため、常に1%引きで買い物できるようなものです。

 

イオンでお得に買い物するのが目的であれば、仮カードの発行はとても意味のあることです。

一方で、クレジット機能や海外での利用を目的としてクレジットカードを作る場合、たとえ即日発行であっても、イオンカードの仮カードはおすすめできません。

上記の内容が目的の場合は、他の即日発行が可能なクレジットカードを選びましょう。

仮カードの発行(即日発行)が可能なイオンカード

即日発行可能なイオンカード

イオンカードはたくさんの種類がありますが、即日発行が可能なイオンカードは「イオンカードセレクト」「イオンカード(WAON一体型)」の2種類です。

どちらもクレジット機能だけでなく、電子マネーである「WAON」として使うことができます。

両カードの主な違いは以下の通り。

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
機能 ・クレジット機能
・キャッシング機能
・電子マネーWAON機能
・クレジット機能
・キャッシング機能
・電子マネーWAON機能
・キャッシュカード機能
引落口座 指定無 イオン銀行
WAONオートチャージ ・ポイント付与無
・クレジット利用分として請求
・回数制限無
・ポイント付与有(還元率0.5%:200円につき1WAONポイント)
・イオン銀行口座から即時引落
・1日1回のみ
特典 ・公共料金の支払い1件につき5WAONポイント
・イオン銀行を給与振込口座にすることで、10WAONポイント
・ゴールドカードへの優待
入会キャンペーン ・入会時:1000ポイント
・アプリ登録:500ポイント
・翌々月までのクレジット利用額2万円以上:1000ポイント
・翌々月までのクレジット利用額4万円以上:2500ポイント
・入会時:1000ポイント
・アプリ登録:500ポイント
・翌々月までのクレジット利用額2万円以上:2000ポイント
・翌々月までのクレジット利用額4万円以上:4500ポイント

基本的にイオンカードセレクトの方が優れています。

しかし、イオンカードセレクトは発行と同時にイオン銀行口座が開設されるため、銀行口座を増やしたくない方は、イオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

両カードの違いをさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いを解説
イオン銀行が発行している「イオンカード(WAON一体型)」「イオンカードセレクト」は機能・サービス内容が似ており、違いが分かりづらいです。当記事では、両カードの違いについて図解を用いながら解説していきます。

⇒イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
⇒イオンカード(WAON一体型)の公式サイトはこちら

イオンカードの審査基準

イオンカードの審査基準

イオンカードのような店舗に基づいたクレジットカードは、お客さんが自分のお店でたくさん買い物をすることを狙って、カードを発行しています。

イオンカードの場合、お客さんにたくさんイオンで買い物をして欲しいから

『イオンではポイント2倍!』

といった、特別なキャンペーンを提供しているのです。

お金を確実に持っている会員を厳選するというよりは、誰でも良いから会員を増やしまくって、とにかくイオンで買い物してもらうことが目的です。

イオンは総合スーパーであるため、ほぼ全ての年齢層・所得層が対象であり、特に「主婦層」はメインターゲットです。

一般的に、安定した収入のないフリーター、主婦、学生はクレジットカードの審査に通りづらいですが、イオンカードでは審査に通る可能性があるでしょう。

 

ただし、クレカ支払い・ローンの滞納経験があったり、他のクレジットカードと同時に申し込んだりしていると、審査に落ちることがあります。

イオンカードのような大衆向けカードに落ちる場合、信用情報がかなり深刻な状況です。

カードの発行はひとまず我慢して、クリーンな信用情報を作ることを優先したほうが良いと思います。

審査後に仮カードが発行される

イオンカードはインターネットで申し込みを行い、30分程度たてば審査が終わります。

審査後、指定のメールアドレスに審査結果のお知らせメールが届き、審査に合格していればイオン店頭にて仮カードの受取が可能になります。

そのため、仮カードの発行が許された方は、確実に審査に合格しています。

安心して本カードが届くのを待ってください。

申し込みから本カードが届くまでの流れ

  1. インターネット申し込み
  2. 審査結果が指定されたメールアドレスに届く
  3. 審査に合格していた場合、イオン店頭にて仮カードの受取
  4. 申し込みから約2週間後、自宅に本カード郵送

即日発行するための注意点は「時間」です。

仮カード発行の受付時間は10:00~18:00であるため、申し込み当日に仮カードを受け取るためには、最低でも18:00には審査が終わっていなければなりません。

審査自体は30分程度で終わるため、17:00までに申し込みが終われば十分でしょう。

 

また、店頭で受取るためには、本人確認書類の準備が必要です。

本人確認書類一覧
・運転免許証
・運転経歴証明書
・写真付き住民基本台帳カード
・日本国政府発行パスポート

イオンカードセレクトは運転免許証がないと、店頭で受け取ることができないので注意しましょう。

仮カード発行の期限は申し込みから1週間なので、忘れないようにしてください。

⇒イオンカード(WAON一体型)の公式サイトはこちら

イオンカード
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書