イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いを解説

イオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクトの違いを解説 イオンカード

イオン銀行が発行している

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

は機能・サービス内容が似ており、違いが分かりづらいです。

当記事では、両カードの違いについて図解を用いながら解説していきます。

⇒イオンカード(WAON一体型)の公式サイトはこちら
⇒イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

イオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクトの比較表

以下の表で、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトのスペックを一覧にしました。

両カードで異なる点は赤字にしています。

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
機能 ・クレジット機能
・キャッシング機能
・電子マネーWAON機能
・クレジット機能
・キャッシング機能
・電子マネーWAON機能
イオン銀行のキャッシュカード機能
その他の機能 ・ETCカード
・家族カード
・イオンiD
・Apple Pay
引落口座 指定無 イオン銀行
クレジット払いの還元率・獲得ポイント 0.5%(200円につき1ポイント)、ときめきポイント
WAONオートチャージ ・ポイント付与無
・クレジット利用分として請求
・回数制限無
・ポイント付与有(還元率0.5%:200円につき1WAONポイント)
・イオン銀行口座から即時引落
・1日1回のみ
共通特典 ・イオングループでときめきポイント2倍(還元率1.0%)
・20日・30日にイオンで5%OFF(お客様感謝デー)
その他特典 ・公共料金の支払い1件につき5WAONポイント
・イオン銀行を給与振込口座にすることで、10WAONポイント
・ゴールドカードへの優待
入会キャンペーン ・入会時:1000ポイント
・アプリ登録:500ポイント
・翌々月までのクレジット利用額2万円以上:1000ポイント
・翌々月までのクレジット利用額4万円以上:2500ポイント
・入会時:1000ポイント
・アプリ登録:500ポイント
・翌々月までのクレジット利用額2万円以上:2000ポイント
・翌々月までのクレジット利用額4万円以上:4500ポイント
仮カードの店頭受取 利用可
申込ページ イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト

上記表を見たら分かる通り、基本的にイオンカードセレクトの方が優れています。

ここから、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いについて、さらに詳しく解説していきます。

イオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクトの違い

  • イオン銀行口座開設の必要性
  • キャッシュカード機能の有無
  • WAONオートチャージ機能
  • ゴールドカードへの優待
  • 入会キャンペーン
  • 公共料金支払い時のポイント加算有無
  • イオン銀行への給与振込によるポイント加算有無
  • イオン銀行の金利への影響

イオン銀行口座開設の必要性

イオンカードセレクトは発行時にイオン銀行口座が開設される

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
イオン銀行口座開設の必要無 イオン銀行口座開設必須

イオンカードセレクトは申込と同時にイオン銀行口座も開設されます。

銀行口座を増やしたくない方は、注意してください。

キャッシュカード機能の有無

イオンカードセレクトはキャッシュカード機能が付いている

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
キャッシュカード機能無 キャッシュカード機能有

イオンカードセレクトは、イオン銀行口座のキャッシュカード機能が付いています。

イオンカード(WAON一体型)は、たとえイオン銀行口座を持っていたとしても、キャッシュカード機能は付きません。

財布の中のカード枚数を減らしたい方は、イオンカードセレクトがおすすめです。

逆に、クレジットカードとキャッシュカードは分けて持ちたいという方は、イオンカード(WAON一体型)の方が良いでしょう。

WAONオートチャージ機能

電子マネーのオートチャージとは?

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
ポイント付与
(200円につき1WAONポイント)
引落方法 クレジット利用分として請求 イオン銀行口座から即時引落
回数制限 制限無 1日1回まで

オートチャージ機能とは、チャージ残高が不足した際、自動的にチャージされる機能のことです。

残高が足りなくなる度にチャージする手間が省ける便利機能です。

また、レジ・改札で残高不足になり、並んでいた列が滞って、迷惑をかけることもなくなります。

チャージ+支払いによりポイントが2重で貯まる

イオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクト、共にオートチャージ機能が付いています。

しかし、イオンカードセレクトはチャージ時にポイントが付与されるため、よりお得です。

また、チャージのときだけでなく支払いのときにもポイントが貯まるため、ポイントの2重取りが可能です。

  • WAONオートチャージ:還元率0.5%(200円につき1WAONポイント)
  • WAON支払い:還元率0.5%(200円につき1WAONポイント)

イオンカード(WAON一体型)はチャージではポイント貯まらず、支払いのみで貯まるため、ポイントの2重取りはできません。

節約目的の方は、イオンカードセレクトのWAONを有効に活用すると良いでしょう。

ゴールドカードへの優待

イオンカードセレクトはゴールドカードへの優待制度がある

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
ゴールドカードへの優待無 ゴールドカードへの優待有

イオンカードセレクトは所定の条件をクリアすると、ゴールドカードへの優待が届きます。

所定の条件については非公表のものもありますが、年100万円以上のカード利用が含まれます。

 

イオンゴールドカードの特徴は以下の通り。

  • 高額な傷害保険
  • イオンラウンジ、空港ラウンジの利用権利
  • 申込不可、優待のみで発行可能

イオンラウンジとは、全国のイオンモールにある専用休憩所のようなところです。

イオンゴールドカードの一番の魅力は、ゴールドカードでありながら年会費が無料であることです。

通常のゴールドカードが年会費有料のところ、年会費無料で空港ラウンジ利用できるのは、大きなメリットです。

ゴールドカードを作りたい方、空港ラウンジを無料で使いたい方は、イオンカードセレクトからゴールドカードへの優待を狙うことをおすすめします。

入会キャンペーン

入会 アプリ登録 クレジット利用額
(申込後翌々月まで)
合計
2万円以上 4万円以上
イオンカード(WAON一体型) 1000ポイント 500ポイント 1000ポイント 2500ポイント 最高4000ポイント
イオンカードセレクト 1000ポイント 500ポイント 2000ポイント 4500ポイント 最高6000ポイント

※獲得ポイントはときめきポイント
※1ときめきポイント=1円相当

両カード、入会するだけで数千円分のポイントを獲得できます。

若干イオンカードセレクトの方が、多くのポイントを獲得できます。

公共料金支払い時のポイント加算有無

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
公共料金の支払い1件につき5WAONポイント

電気・水道・ガス等、公共料金をイオンカードセレクトでクレジット払いすると、1件につき5WAONポイント(5円相当)獲得できます。

わずかですが、イオンカードセレクトの方がお得です。

イオン銀行への給与振込によるポイント加算有無

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
イオン銀行への給与振込により毎月10WAONポイント獲得

10WAONポイント(10円相当)とわずかではありますが、イオンカードセレクトの方がお得です。

イオン銀行の金利への影響

イオンカード(WAON一体型) イオンカードセレクト
保有しているだけで金利アップに関するスコア加算

イオン銀行の普通預金金利は専用スコアに基づいたステージにより決まります。

ステージ 普通預金金利 スコア
ブロンズ 年0.03% 20点以上
シルバー 年0.05% 50点以上
ゴールド 年0.1% 100点以上
プラチナ 年0.15% 150点以上

スコアへの加算要素は以下の通り。

内容 加算スコア数
イオンカードセレクト、イオン銀行キャッシュ+デビット、イオンデビットカードの契約 10点
イオンゴールドカードの契約 30点
イオンカードご利用代金の引落 10~100点
WAON利用金額 10~100点
WAONオートチャージ利用 10点
積立式定期預金の口座振替 10点
投資信託残高 10~100点
投資自動積立の口座振替 30点
外貨預金残高 10~100点
外貨普通預金積立の口座振替 30点
NISA口座の開設 30点
iDeCo掛金の口座振替 30点
カードローンの契約 10点
無担保ローン残高 30点
住宅ローン残高 30点
インターネットバンキングの登録 30点
給与の受取 30点
年金の受取 30点
ボーナススコア 10点

スコアへの加算要素にイオンカードセレクトの契約があります。(上記表の一番上)

しかし、イオンカード(WAON一体型)は保有していても、スコアは加算されません。

そのため、イオン銀行の金利を上げる上では、イオンカードセレクトの方が得です。

ちなみに、イオン銀行口座の金利は他銀行口座と比較すると高いため、イオン銀行で貯金するのはおすすめです。

  • イオン銀行の金利:年0.03~0.15%
  • ゆうちょ銀行の金利:年0.001%
  • 三菱UFJ銀行の金利:年0.001%

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクトを比較すると、機能面では明らかにイオンカードセレクトの方が優れていると感じると思います。

そこで、あえてイオンカードセレクトのデメリットを紹介します。

 

イオンカードセレクトの最大にして唯一のデメリットは、新規でイオン銀行口座を開設しなければならないことです。

銀行口座の保有は少なからずリスクを伴うため、口座が増えることに抵抗を感じる方も多いでしょう。

口座数を増やしたくない方は、イオンカード(WAON一体型)の方が良いです。

ちなみに、イオンカードセレクトの口座開設はクレジットカードの申込と同時に行われるため、手続き面での負担はありません。

⇒イオンカード(WAON一体型)の公式サイトはこちら
⇒イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

イオンカード
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書