アメックス(AMEX)カードのセキュリティコードの位置、役割

ネットで商品・サービスをクレジットカード決済により支払う際、セキュリティコードを求められることがあります。

セキュリティコードが記載されている位置は、所持しているカードの国際ブランドにより異なります。

この記事では、アメックスカードのセキュリティコードの位置を紹介しているので、確認しておいてください。

⇒アメリカン・エキスプレス・カードの申込はこちら

スポンサーリンク

アメックスカードのセキュリティコードの位置

アメックスカードのセキュリティコードは、表面の右端に記載されている4桁の番号です。

真ん中の15桁の数字はカード番号で、カード番号の真下にあるのが有効期限、カードの右下に記載されているのが会員資格取得年です。

 

VISA、MasterCard、JCB、Diners Clubなど、アメックスカード以外のほとんどのカードでは、セキュリティコードが裏面に記載されており、番号は3桁です。

アメックスカードだけ違うので、間違えないように気をつけてください。

アメックスカードの裏面にも番号が記載されている場合がありますが、セキュリティコードとは別なので気にしないでください。

カード以外でセキュリティコードを確認することはできない

セキュリティコードは、カードが手元になければ分からないようになっています。

これはカード会社や国際ブランド問わず、共通したルールです。

そのため、カードを直接確認する以外の方法で、セキュリティコードを確認することはできません。

 

カードを紛失して、自分のカードのセキュリティコードが分からない方は、カード会社に問い合わせましょう。

その場でセキュリティコードを知ることはできないですが、再発行の手続きをしてくれます。

セキュリティコードの役割

セキュリティコードはクレジットカードの不正利用を防ぐための暗号のようなものです。

仮に、企業・事業者の情報がリークしてカード番号が流出したとしても、セキュリティコードがあれば、セキュリティコードはカードにしか記載されていないため、カードの不正利用をある程度は防ぐことができます。

クレジットカードの不正利用者がカードを所持している、もしくはカードのセキュリティコードを覚えていない限り、クレジットカードの不正利用はある程度防げます。

ある程度という表現を使ったのは、セキュリティコードによる安全性の確保には限界があるからです。

 

結局、セキュリティコードもネット上で入力して情報を送ることになるため、詐欺サイトで入力したら、カード番号だけでなくセキュリティコードもろとも、詐欺サイトにばれます。

また、単純にカードごと盗難に遭えば、セキュリティコードで不正利用を防ぐことはできません。

 

このように、クレジットカードのセキュリティコードは完ぺきではないですが、ある程度は不正利用を防ぐツールとなっています。

クレジットカードをなくしたり、詐欺サイトで入力したりすると、セキュリティコードの意味が全くなくなってしまうので、注意してください。

⇒アメリカン・エキスプレス・カードの申込はこちら

クレジットカード活用法
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書