大学生でも作れる学生専用クレジットカードを節約系・ステータス系に分けて紹介

大学生に適したクレジットカードを節約系・ステータス系に分けて紹介 大学生

クレジットカードは大人が持つものと思われがちですが、大学生でも作ることは可能です。

ただし、クレジットカードには保有の可否を決定するための審査があります。

審査において『大学生OK』『大学生NG』かどうかは、クレジットカードの種類によって異なります。

そのため、大学生という立場でクレジットカードを作るためには、『大学生OK』のカードに申し込む必要があります。

この記事では、大学生に適したクレジットカードの選び方を紹介した後、節約系・ステータス系に分けておすすめカードを紹介します。

『そもそもクレジットカードって何?』という方は、以下の記事を参考にしてください。

クレジットカードとは?初心者に向けてイラストを使って解説
この記事では、「クレジットカードで出来ること」「クレジットカードの仕組み」「クレジットカードの選び方」など、クレジットカードにありがちな疑問をまとめています。イラストを見れば全て理解できるので、文章を読むのが好きでない方や感覚的に理解したい方は、ぜひ一読してみてください。
スポンサーリンク

大学生向けクレジットカードの選び方

以下2点を中心にカードを選ぶと、自分に合ったカードを作ることができます。

  • 大学生の立場でも作れるカードを選ぶ
  • 自分の目的に合ったカードを選ぶ

大学生の立場でも作れるカードを選ぶ

クレジットカードを作れるかどうかは審査に合格できるかどうかが全てです。

大学生でも高確率で審査に合格できるクレジットカードの特徴は以下の通り。

  • 学生を対象としている
  • 若年層を対象としている

上記カードは若者の利用者を増やすことを目的としているため、大学生でも審査に合格できる可能性が高いです。

逆に上記カード以外は、審査において大学生をプラス評価しているかが判断できないため、申込んでみないと合格不合格は分かりません。

出来るだけ早くクレジットカードを作りたい方は、学生向けカードを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、学生向けカードと聞くと、通常カードよりも機能的に劣っているように感じるかもしれませんが、全くそんなことはないので安心してください。

学生向けカードにも、通常のクレジットカードに付帯している機能は全て備わっています。

むしろ、ポイント優遇・年会費無料など学生ならではの特典が付帯したカードが多く、大学生の方が得なケースも多いです。

自分の目的に合ったカードを選ぶ

大学生がクレジットカードを利用するメリットは以下の通り。

  • 買い物でポイントが貯まる
  • 通販の決済が楽
  • なんとなくカッコいい
  • 海外で使える(現地通貨が必要ない)
  • 自分の貯金以上の買い物ができる

この内、選ぶクレジットカードによって差が出るのは「買い物でポイントが貯まる」「なんとなくカッコいい」です。

逆に「通販の決済が楽」「海外で使える」「自分の貯金以上の買い物ができる」という点に関しては、クレジットカード自体の機能についてなので、どのカードを選んでも問題ありません。

海外利用に適したクレジットカードについては以下の記事で解説しているので、海外留学・旅行を機にカードを作る予定の方は、参考にしてみてください。

海外旅行向けクレジットカード!注目ポイント・必要性を解説
海外旅行を機にクレジットカードの発行を検討する方も多いでしょう。しかし、いろいろなクレジットカードがありすぎて、どのカードが海外旅行に適しているのか分からないと思います。そこで、この記事では、海外旅行に適したクレジットカードの特徴と、その特徴に当てはまるカードを紹介します。

ポイントがたくさん貯まるカードが欲しい方は、還元率が高いカードを選ぶと良いです。

本当に得する高還元率クレジットカードを紹介!お得な理由も解説
クレジットカード払いでお金を節約する場合、還元率の高いカードを選ぶことが重要です。そこで、当記事では、どの店舗でも還元率が高いおすすめカード3選をまずは紹介します。その後、より多くの情報からカードを選びたい方に向けて、お得なクレジットカードの条件、高還元率クレジットカードの比較、高還元率クレジットカードの詳細情報について紹介します。

還元率とは、カード利用額に対して、獲得可能なポイント数を金額に換算した際の割合です。

例えば、100円カード払いして1円分のポイントを獲得したら、「1÷100=0.01」となり還元率は1%です。

また、カッコいいカードが欲しい方は、高ステータスカードをおすすめします。

これらのカードは経済力の証となる上に、単純に見た目がカッコいいため、おしゃれ感覚で持つことができます。

当記事では、学生向けカードを、節約系、ステータス系に分けて紹介するので、カード選びの参考にしてみてください。

節約に適した学生向けクレジットカード

節約に適したクレジットカードの条件は以下の通り。

  • 年会費が低い
  • 還元率が高い

還元率が高いことは当たり前ですが、それと同じくらい年会費が低いことも重要です。

例えば、1,000円分のポイントを貯められたとしても、年会費が10,000円だったら節約どころか損することになります。

節約を重視してクレジットカードを作る方は、年会費・還元率の2点に着目してクレジットカードを選びましょう。

以下に学生向けカードの年会費、還元率を一覧にしました。

カード名 年会費 還元率
JCB CARD W 無料 1%
三井住友VISAデビュープラスカード 条件付無料 1%
学生専用JALカード navi 在学中無料 1%
楽天カード アカデミー 無料 1%
JCB CARD EXTAGE 無料 0.75%
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 26歳まで無料 0.5%
ANAカード〈学生用〉 在学中無料 0.5%
学生専用ライフカード 無料 0.5%
MUFGイニシャルカード 在学中無料 0.4%

全カード年会費無料ですが、還元率に差があります。

還元率上位4カードについて、以下で詳しく解説していきます。

JCB CARD W

  • 高還元率
  • セブンイレブン、Amazon、スターバックス等で還元率UP
  • 海外では利用できない店が多い
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
無料 JCB
(海外では利用できない店が多い)
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
39歳まで 最高2000万円  

⇒JCB CARD Wの申込はこちら

卒業後の条件変更
・なし

還元率は1.0%であり、学生専用クレジットカードの中では最も高いです。

また、このカードの特徴としてポイント優遇店が多い点があります。

例として以下の店でポイント還元率がアップします。

  • スターバックス:5.5倍
  • セブンイレブン:2倍
  • Amazon:2倍
  • エネオス:2倍

上記店舗はどれも大学生の利用頻度が高く、当カードは大学生がポイントを貯めやすいカードと言えます。

 

学生がJCB CARD Wを利用する上での最大の注意点は、海外では利用できない店が多いことです。

国際ブランド『JCB』は日本発祥のため、日本観光客の多い台湾・香港を除けば、海外ではほとんど使えません。

そのため、海外留学・旅行目的でクレジットカードを作る方は、他カードを選ぶことをおすすめします。

国際ブランドについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

クレジットカードとは?初心者に向けてイラストを使って解説
この記事では、「クレジットカードで出来ること」「クレジットカードの仕組み」「クレジットカードの選び方」など、クレジットカードにありがちな疑問をまとめています。イラストを見れば全て理解できるので、文章を読むのが好きでない方や感覚的に理解したい方は、ぜひ一読してみてください。

三井住友VISAデビュープラスカード

  • 高還元率
  • 26歳になると自動的にゴールドカードへランクアップ
  • 海外旅行保険は付帯していない
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
年1回以上のカード利用で無料 VISA
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
25歳まで 0円(保険無)  

⇒三井住友VISAデビュープラスカードの申込はこちら

卒業後の条件変更
・26歳になった後、最初のカード更新時より三井住友プライムゴールドカードにランクアップ

このカードの最大の魅力は、26歳になると自動的にゴールドカードにランクアップすることです。

通常カードと比較した際のゴールドカードのメリットは以下の通り。

  • 高い経済力の証になる
  • 空港ラウンジが利用できるようになる
  • 保険の補償額が上がる

20代は年収が低く経済力が低いためゴールドカードの審査に合格するのは難しいです。

しかし、三井住友デビュープラスカードを保有していれば、26歳を迎えさえすればゴールドカードを手にすることができます。

三井住友デビュープラスカードは若いうちからゴールドカードが欲しい方におすすめ。

ゴールドカードについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ゴールドカードって意味ある?魅力・選び方・おすすめカードを解説
ゴールドカードは券面が金色のクレジットカードのことで、普通のクレジットカードよりもステータスが高いです。また、一般カードよりも優れた特典が付いていたり、サービス内容が強化されているため、ゴールドカードを作るメリットは大きいです。ゴールドカードを選ぶ際のポイントを解説した後、ポイント別におすすめカードを紹介します。

 

三井住友デビュープラスカードのデメリットは海外旅行保険が付帯していにない点です。

そのため、渡航先の病院を利用すると、保険が適用されないため高額な医療費を請求されます。

このカードを使う人は、海外に行く際、別途保険を契約する必要があります。

一方で、保険が付帯したクレジットカードを持っていれば、必ずしも新たに保険に加入する必要がなくなります。

頻繁に海外に渡航する方の場合、海外旅行保険が付帯したカードを選ぶことをおすすめします。

クレジットカードの海外旅行保険について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クレジットカードの海外旅行保険を解説!おすすめカード・一般保険との違いも紹介
この記事では、まずクレジットカードの海外旅行保険の概要について図解を用いながら解説します。次に、一般保険との違いを解説し、クレジットカードに付帯した海外旅行保険のメリット・デメリットをまとめます。最後に、目的別でおすすめのクレジットカードを紹介します。

学生専用JALカード navi

  • 高還元率
  • JAL利用時にボーナスポイント獲得
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
無料 VISA,Mastercard,JCB
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
29歳まで 最高2000万円  

⇒学生専用JALカード naviの申込はこちら

卒業後の条件変更
・普通カードに自動的に切り替え
・普通カードの年会費は2,000円(税別)

JALカード naviは、カード利用によりJAL航空券で使える「JALマイル」が貯まるクレジットカードです。

JAL利用時に以下のマイルが追加で加算されます。

  • ボーナスマイル
  • ツアープレミアム(区間マイルが貯まる)

また、国際ブランド『VISA』『Mastercard』は、海外のほとんどの店で使うことができます。

更に、海外旅行保険が付帯しているため、希望する補償額によっては、別途保険に加入する必要もありません。

獲得ポイント量、使用可能な店舗数、保険の3点から、JALカード naviは海外利用に適したカードと言えます。

楽天カード アカデミー

  • 高還元率
  • 楽天系列店でポイント3倍
  • 海外旅行保険は付帯&海外のほとんどの店で利用可能
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
無料 VISA
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
28歳まで 最高2000万円  

⇒楽天カード アカデミーの申込はこちら

卒業後の条件変更
・卒業年の6月に、自動的に楽天カードに切り替え可能

知名度抜群「楽天カード」の学生カードです。

楽天系列店でポイント3倍になるため、楽天系列店で頻繁に買い物する方におすすめ。

また、楽天カード アカデミーの国際ブランド『VISA』は世界中で利用できる上に、海外旅行保険も付帯しているため、海外で使い易いカードと言えます。

ステータスアップに適した学生向けクレジットカード

クレジットカードは単なる支払い手段の一つであるだけでなく、自分の経済力を示すものでもあります。

ステータスの高いクレジットカードほど、自分の経済力が大きいことを示します。

ステータス目的でクレジットカードを作りたい方は、高ステータスカードを作るべきです。

しかし、大学生は安定した収入があるわけではないため、高ステータスカードは作れません。

そのため、現在大学生で将来的に高ステータスカードを手にしたい方は、カード利用実績によってステータスがランクアップするクレジットカードをおすすめします。

これらのカードを発行すれば、カード発行段階では通常カードでも、社会人になって安定した収入を得たり、カード会社から認められるようになったりすれば、高ステータスカードを手にすることができます。

学生向けクレジットカードの中で、将来的にランクアップが期待できるカードは以下の通り。

  • JCB CARD W
  • JCB CARD EXTAGE
  • 三井住友VISAデビュープラスカード

これらのカードの詳しい情報を、以下で解説していきます。

JCB CARD W

  • カード利用実績により、ゴールド、プラチナ、ブラックにランクアップ
  • 高還元率
  • 海外では利用できない店が多い
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
無料 JCB
(海外では利用できない店が多い)
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
39歳まで 最高2000万円  

⇒JCB CARD Wの申込はこちら

卒業後の条件変更
・なし

JCB CARD Wは国際ブレンド会社である「JCB」が発行しているクレジットカードです。

JCBのクレジットカードは、カード利用実績によって、カードがグレードアップしていきます。

基本的にカードは以下のようにグレードが上がっていきます。

  1. JCB CARD W
  2. JCBゴールド
  3. JCBプラチナ
  4. JCBブラック

JCB CARD Wはステータスアップが期待できるだけでなく還元率も高いため、大学生には最もおすすめしています。

JCB CARD EXTAGE

  • カード利用実績により、ゴールド、プラチナ、ブラックにランクアップ
  • 海外では利用できない店が多い
  • カードデザインがカッコいい
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
無料 JCB
(海外では利用できない店が多い)
0.75%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
29歳まで 最高2000万円  

⇒JCB CARD Wの申込はこちら

卒業後の条件変更
・なし

JCB CARD R同様、カード利用実績によって、以下の順にグレードが上がっていきます。

  1. JCB CARD EXTAGE
  2. JCBゴールド
  3. JCBプラチナ
  4. JCBブラック

JCB CARD Rとは以下の点が異なります。

JCB CARD R JCB CARD EXTAGE
申込条件 39歳まで 29歳まで
還元率 1.0% 0.75%
カードフェイス

基本的には還元率が高い「JCB CARD R」をおすすめします。

ただし、デザイン的には「JCB CARD EXTAGE」が人気のため、見た目重視の方はこちらを選ぶと良いでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

  • 高還元率
  • 26歳になると自動的にゴールドカードへランクアップ
  • 海外旅行保険は付帯していない
年会費(税別) 国際ブランド 還元率
年1回以上のカード利用で無料 VISA
1%
申込条件 海外旅行保険の補償額  
25歳まで 0円(保険無)  

⇒三井住友VISAデビュープラスカードの申込はこちら

卒業後の条件変更
・26歳になった後、最初のカード更新時より三井住友プライムゴールドカードにランクアップ

このカードを保有していれば、年齢を積むことにより、以下の順にグレードが上がります。

  1. 26歳⇒三井住友プライムゴールドカード
  2. 30歳⇒三井住友ゴールドカード

更にカード利用実績によって、以下の順にグレードが上がります。

  1. 三井住友ゴールドカード
  2. 三井住友プラチナカード

グレードアップ後のゴールド・プラチナカードの機能はJCBの方が優れています。

ゴールドカードって意味ある?魅力・選び方・おすすめカードを解説
ゴールドカードは券面が金色のクレジットカードのことで、普通のクレジットカードよりもステータスが高いです。また、一般カードよりも優れた特典が付いていたり、サービス内容が強化されているため、ゴールドカードを作るメリットは大きいです。ゴールドカードを選ぶ際のポイントを解説した後、ポイント別におすすめカードを紹介します。
プラチナカードの価値とは?選ぶ際の基準・おすすめカード・入手難易度を解説
プラチナカードはゴールドカードよりもステータスがワンランク上のカードです。ゴールドカードよりもさらに優れたサービスを受けられます。この記事では、プラチナカードならではのメリット、選ぶ際の基準、おすすめカードを中心に紹介します。

年齢さえ上がればグレードが上がる分、ステータスアップのハードルが低いため、若いうちからゴールドカードを手にしたい方におすすめです。

大学生
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書