コンビニでお得なクレジットカード!ポイント2重取りを分かりやすく解説

コンビニでお得なクレジットカードを紹介 クレジットカード活用法

クレジットカードや電子マネーを効果的に活用することで、コンビニでの買い物をお得にできます。

しかし、多種多様なクレジットカード、電子マネーがあるため、結局どのカードを使ったらどのくらいお得になるのか、よく分からない方は多いと思います。

この記事では、以下のコンビニでお得になるクレジットカードを、ポイント還元率で比較しました。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

また、紹介したカードでお得に買い物する方法を、イラストを使って分かりやすく解説しています。

コンビニでの買い物を節約したい方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コンビニでお得なクレジットカードの条件

  • コンビニでのポイント還元率が高い
  • 電子マネーへのチャージでポイントが貯まる
  • 年会費無料

コンビニでのポイント還元率が高い

コンビニでポイント還元率が高くなるクレジットカードがある

特定のコンビニで買い物をすると、通常よりもたくさんのポイントが貯まったり、買い物金額が割引されたりするクレジットカードがあります。

例えば、ローソンで買い物する際、dカードで支払いをすると

  • 買い物金額3%OFF
  • ポイント還元率2%

になります。

ローソンで1000円分の買い物をすると

  • 1000円×0.03(3%)=30円の割引
  • 1000円×0.02(2%)=20円分のdポイント獲得

となり、50円(30円割引+20円分のポイント)も回収できるということです。

現金払いよりも明らかにお得になることが分かると思います。

コンビニを頻繁に利用する方は、自分が普段利用するコンビニでお得になるクレジットカードを探しましょう。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まる

クレジットカードで電子マネーにチャージするとポイントが2重で貯まる

電子マネーへのチャージでポイントが獲得できるクレジットカードと、獲得できないカードがあります。

  • 電子マネーへのチャージでクレジットカードのポイント獲得
  • コンビニでの支払いを電子マネーで行うことで、電子マネーのポイント獲得

電子マネーへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使えば、ポイントの2重取りができるということです。

 

例えば、リクルートカードの場合、nanaco(セブンイレブン)・楽天Edyにおいてチャージ額の1.2%分のポイントが獲得できます。

  • リクルートカードへnanacoにチャージ(還元率:1.2%)
  • セブンイレブンでnanaco払い(還元率:1.0%)

結果的に、還元率は2.2%(1.2%+1.0%)となります。

 

ポイントの2重取りはとてもお得ですが、多くの高還元率クレジットカードは、電子マネーへのチャージでポイントが貯まりません。

リクルートカードも、電子マネーへのチャージ額は月3万円が上限です。

年会費無料

クレジットカードの中には、年会費が有料のカードがあります。

節約目的の方には、年会費無料カードをおすすめします。

『年会費が高くても、ポイントが貯まりやすい方が良いのでは?』

  • 年会費:1000円
  • 還元率:1.0%

だとしたら、年会費以上のポイントを貯めるためには

  • 1000円÷0.01(1%)=10万円分

の買い物をしなければなりません。

年会費を超えるポイントを獲得するのは、想像以上に大変です。

特に、コンビニは少額の買い物が中心となるので、年会費が重くのしかかってきます。

確実に損しない年会費無料カードをおすすめします。

コンビニでのポイント還元率比較

三大コンビニ

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

における主要クレジットカードの還元率を以下の表に示します。

通常 セブンイレブン ファミリーマート ローソン
リクルートカード 1.2% 2.2% 1.2% 1.2%
JCB CARD W 1.0% 2.0% 1.0% 1.0%
セブンカードプラス 0.5% 1.5% 0.5% 0.5%
OMCカード 0.5% 1.5% 0.5% 0.5%
au WALLET カード 1.0% 1.5% 1.0% 1.0%
Yahoo!JAPAN カード 1.0% 1.0% 1.5% 1.0%
ファミマTカード 0.5% 0.5% 1.0% 0.5%
dカード 1.0% 1.0% 1.0% 5.0%
シェルPontaクレジットカード 1.0% 1.0% 1.0% 2.0%

セブンイレブンでお得なクレジットカード

リクルートカードはセブンイレブンでお得に買い物ができる

当サイトで紹介しているクレジットカードの中で、セブンイレブンでの還元率が最も高いのは還元率が2.2%であるリクルートカードです。

次に還元率が高いのは、JCB CARD Wで、還元率は2.0%。

通常還元率(リクルートカード:1.2%、JCB CARD W:1.0%)、セブンイレブンでの還元率共に、リクルートカードの方が高いため、セブンイレブンを頻繁に利用する方にはリクルートカードをおすすめします。

⇒リクルートカードの申込はこちら

⇒JCB CARD Wの申込はこちら
Yahoo! JAPANカードはファミリーマートでお得に買い物できる

Yahoo! JAPANカードは、ファミリーマートでの還元率が1.5%と高いです。

リクルートカードは、ファミリーマートでの還元率は1.2%とYahoo! JAPANカードよりも低いですが、ファミマ以外ではリクルートカードの方が還元率が高いです。

ファミリーマートでの買い物専門でクレジットカードを作る方は、Yahoo! JAPANカードをおすすめします。

しかし、ファミリマート以外でもクレジットカードをたくさん使う予定の方は、リクルートカードの方がお金を節約できる可能性が高いので、おすすめです。

⇒Yahoo! JAPANカードの申込はこちら

⇒リクルートカードの申込はこちら

ローソンでお得なクレジットカード

dカードはローソンでお得に買い物できる

dカードは、ローソンでの還元率が5.0%と、2位のシェルPontaクレジットカードの還元率2.0%を圧倒的に上回っています。

ローソンを頻繁に利用する方には、dカードがおすすめです。

ちなみに、dカードは携帯キャリア会社であるdocomoが提供しているクレジットカードですが、docomoユーザー以外でも発行できるので、安心してください。

⇒dカードの申込はこちら

コンビニでお得なクレジットカード5選

  • リクルートカード
  • JCB CARD W
  • Yahoo! JAPANカード
  • ファミマTカード
  • dカード

リクルートカード

リクルートカードはコンビニでお得なクレジットカード

リクルートカードは、コンビニを中心にクレジットカードを使う方に最もおすすめです。

一般的なクレジットカードの還元率が0.5%であるのに対して、リクルートカードは還元率が1.2%と、非常に高いです。

特に、リクルートカードの提携先であるセブンイレブンでは、還元率2.2%になります。

リクルートカードでnanaco・楽天Edyにチャージするとポイントが2重で貯まる

  • リクルートカードでnanacoにチャージ(還元率:1.2%、リクルートの専用ポイント)
  • セブンイレブンでnanaco払い(還元率:1.0%、nanacoポイント)

セブンイレブンでリクルートカードを使ってクレジット払いしてしまうと、還元率1.2%になってしまうので注意してください。

  • クレジットカードでnanacoにチャージ⇒nanacoで支払い

という2段階を経ることで、還元率が2.2%になるんです。

いわゆるポイントの2重取りですね。

『nanacoにチャージするだけだったら、リクルートカード以外でも良いのでは?』

と思うかもしれません。

しかし、ほとんどのクレジットカードは、電子マネーへのチャージでポイントは獲得できません。

リクルートカードは、電子マネーへのチャージでポイントが貯まる数少ないカードなんです。

 

セブンイレブンでお得なリクルートカードですが、以下のデメリットがあります。

  • nanaco・楽天Edyへのチャージによるポイント獲得は月3万円まで
  • ①nanacoへのチャージ、②nanacoで支払いが若干面倒

リクルートカードは、nanaco・楽天Edyへのチャージでポイントを獲得できます。

しかし、月3万円以上のチャージはポイントが加算されません。

月3万円以上nanacoにチャージする方は

  • 毎月3万円nanacoにチャージ&支払い(還元率2.2%)
  • それ以上の支払いはリクルートカードでクレジット払い(還元率1.2%)

が最もポイントを稼げます。

また、①nanacoにチャージ、②nanacoで支払いという2段階の手順が必要なので、若干面倒です。

それほど気にすることではないと思いますが。

⇒リクルートカードの申込はこちら

JCB CARD W

JCB CARD Wはセブンイレブン専用でクレジットカードを作る方におすすめ

JCB CARD Wは還元率1.0%&年会費無料のクレジットカードです。(女性用特典が付帯しているJCB CARD W plus Lも同じ)

セブンイレブンでのクレジット払いは還元率2.0%となるため、非常にお得です。

リクルートカードの還元率が、通常時1.2%、セブンイレブンで2.2%であり、JCB CARD Wよりも還元率が高いため、わざわざこちらを選ぶ理由はないかもしれません。

ただし、リクルートカードはわざわざnanacoにチャージし、その後nanacoで支払いをしないと還元率が2.2%にならないのに対して、JCB CARD Wはクレジット払いのみで還元率2.0%が実現できるため、楽したい方はJCB CARD Wの方が良いでしょう。

JCB CARD WはQUICPay(nanaco)を利用することで還元率2.0⇒2.5%にUPする

また、JCB CARD Wは、QUICPay(クイックペイ)を利用することで、還元率2.5%にすることができます。

クイックペイは、お店の端末にカードやスマホをかざすだけで支払いができる便利なシステムのこと。

クレジットカード・現金を持ち歩かなくても支払いができるため、手軽です。

クイックペイは以下の方法で支払うことができます。

  • 専用カード
  • キーホルダー
  • 専用コイン
  • nanaco

nanacoにクイックペイを登録すると、200円につきnanacoポイント1ポイント(還元率0.5%)獲得できます。

  • クレジットカードのポイント(還元率2.0%)
  • nanacoポイント(還元率0.5%)

JCB CARD W発行後、クイックペイに登録さえすれば、nanaco払いで還元率2.5%(クレジットポイント2.0%+nanacoポイント0.5%)を実現できます。

セブンイレブン専用でクレジットカードを作る方は、リクルートカード(最大還元率2.2%)よりもJCB CARD Wの方がお得です。

 

また、セブンイレブンでお得なJCB CARD Wですが、対象条件は39才以下であるため、40才を超えた方は発行できません。

⇒JCB CARD Wの申込はこちら

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードはファミリーマートでお得なクレジットカード

Yahoo! JAPANカードは、ポータルサイトであるヤフーが提供しているクレジットカードです。

還元率1.0%&年会費無料カードなので、節約目的の方に人気。

Yahoo! JAPANカードは、Tカード機能が付帯しており、クレジット払い時にTポイントを獲得できます。

  • クレジット払いでTポイント獲得
  • TカードでTポイント獲得

ファミリーマートの買い物においてYahoo! JAPANカードの還元率を1.0⇒1.5%にする方法

ファミリーマートでは「Yahoo! JAPANカードを店員に提示」「Yahoo! JAPANカードでクレジット払い」すると

  • クレジット払いによるTポイント獲得(還元率1.0%)
  • Tカード提示によるTポイント獲得(還元率0.5%)

で還元率1.5%となります。

Yahoo! JAPANカードはファミリーマートの買い物で、Tポイントの2重取りができるということですね。

通常還元率も1.0%と高いため、ファミリーマート以外でクレカを使う予定の方にも、Yahoo! JAPANカードはおすすめです。

⇒Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

ファミマTカード

Comparison between Yahoo! JAPAN card and Famima T card

ファミマTカードは、還元率0.5%&年会費無料のカードです。

ファミリーマートでの買い物では「ファミマTカード提示」「ファミマTカードでクレジット払い」することにより、還元率1.0%となります。

  • ファミマTカード提示(還元率0.5%)
  • クレジット払い(還元率0.5%)

ファミマでのポイント2重取り後でも、他の高還元率カード(リクルートカード:還元率1.2%)よりも還元率が低いです。

ファミマTカードは、ファミランクというポイント優遇制度があります。

当月のファミマでの買い物額によって、翌月のTカード提示による還元率が変わります。

ファミランク ファミマでの買い物額 翌月の還元率
ブロンズ ~4,999円 1.0%
(Tカード提示:0.5%+クレジット払い:0.5%)
シルバー 5,000~14,999円 1.5%
(Tカード提示:1.0%+クレジット払い:0.5%)
ゴールド 15,000円~ 2.0%
(Tカード提示:1.5%+クレジット払い:0.5%)

ファミリーマートで1ヵ月に15,000円以上買い物する方は、Yahoo! JAPANカード(還元率1.5%)よりもファミマTカード(還元率2.0%)の方がお得です。

ファミリーマートを頻繁に利用する方は、他の高還元率カードよりもファミマTカードの方がお金を節約できます。

 

また、ファミマTカードは、多くのポイント特典があります。

Tポイントプラス 対象商品の購入でポイント加算
レディースデー 女性限定で水曜日にTカード提示による還元率2倍
毎週火曜・土曜カードの日 毎週火曜・土曜はTカード提示による還元率2倍、クレジット払いによる還元率3倍
若者応援クレジットポイント 25才以下限定でTカード提示による還元率2倍

毎週火曜・土曜カードの日は

  • ファミマTカード提示:0.5%×2=1.0%(ブロンズ会員)
  • クレジット払い:0.5%×3=1.5%

となり、還元率は2.5(1.0+1.5)%となります。

ファミランクがゴールドランクの方になると

  • ファミマTカード提示:1.5%×2=3.0%(ゴールド会員)
  • クレジット払い:0.5%×3=1.5%

となり、還元率は4.5(3.0+1.5)%になるため、非常にお得です。

ファミリマートで頻繁に買い物する方には、ファミマTカードをおすすめします。

⇒ファミマTカードの申込はこちら

dカード

dカードは株式会社NTTドコモが提供するクレジットカードです。

docomoの携帯を持っていない方でも作れます。

還元率1.0%で、年1回でもクレジット払いを利用すれば、年会費無料になります。

また、ローソンでの買い物では、還元率5.0%(3%割引+WAONポイント還元率2.0%)になります。

ローソン買い物時の還元率が圧倒的に高いので、ローソンで頻繁に買い物する方におすすめです。

通常の還元率も1.0%と高いため、ローソン以外でもお得に使えます。

⇒dカードの申込はこちら

主要コンビニでお得になるクレジットカード

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン以外のコンビニでお得になるクレジットカードを以下の表にまとめました。

全て年会費無料もしくは簡単な手続きで年会費を無料にできるカードです。

コンビニ名 お得なクレジットカード 還元率
ミニストップ 「ビュー・スイカ」カード 1.5%
デイリーヤマザキ 楽天カード 2.0%
セイコーマート セイコーマートクラブプラス 2.0%
ポプラ リクルートカード 2.2%
クレジットカード活用法
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書