お得に国内旅行ができるクレジットカードを紹介【交通費・宿泊費節約】

国内旅行に適したクレジットカードとは クレジットカード活用法

旅行は交通費や宿泊費が必要なため、出費が大きいですよね。

クレジットカードで支払いをすると、ポイントを獲得できるため、国内旅行費を節約することができます。

また、中には、交通費・宿泊費の支払いで、通常よりも多くのポイントが獲得できるカードがあります。

この記事では、国内旅行費を節約できるクレジットカードを紹介しているので、カード選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

国内旅行費がお得になるクレジットカードとは

  • 交通機関・宿泊サイトでお得になるカード
  • 国内旅行保険は必要ない

交通機関・宿泊サイトでお得になるカード

国内旅行費がお得になるクレジットカード

旅行費のほとんどは交通費・宿泊費が占めています。

そのため、交通費・宿泊費を節約できれば、旅行費を大きく節約できることになります。

よって、自分がよく利用する「交通機関」「宿泊サイト」でお得になるクレジットカードを準備するのがおすすめです。

例えば、交通機関は新幹線を利用し、宿泊サイトはじゃらん.netを利用する方は

  • 新幹線でお得になるクレジットカード
  • じゃらん.netでお得になるクレジットカード

を1枚づつ準備すると、とてもお得です。

様々な交通機関・宿泊サイトで、通常よりもポイントが多く獲得できるクレジットカードを、当記事では紹介します。

交通機関 宿泊サイト
自家用車 じゃらん.net
電車 楽天トラベル
新幹線
飛行機

国内旅行保険は必要ない

クレジットカードの中には国内旅行保険が付帯しているカードがあります。

国内旅行保険が付帯しているクレジットカードの場合、旅行時に負ったケガの治療費が補償されます。

確かにあったら安心ではありますが、旅行でケガをすることなんて早々ないので、必ずしも必要なものではありません。

また、日本人の99%以上は健康保険に加入しています。

そのため、クレジットカードの国内旅行保険に加入しなくても、治療費はある程度割引されます。

さらに、国内旅行保険が付帯しているクレジットカードは、年会費有料で審査難易度が高い「高ステータスカード」がほとんどです。

保険名に「国内旅行」が付いているため、気になる方は多いかもしれませんが、当記事では評価基準外としています。

海外旅行保険は必要

海外の場合、日本の健康保険が適用されないため、莫大な治療費がかかります。

例えば、アメリカで盲腸になった場合、治療費は100万円以上になります。

そのため、海外旅行に行く際は、海外旅行保険がないと困ることになるんです。

海外旅行に頻繁に行く方は、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

わざわざ保険に加入する手間が省けます。

交通費が節約できるクレジットカード

  • ガソリン代
  • 電車賃
  • 新幹線代
  • 飛行機代

ガソリン代

自家用車で旅先に行く方に向けて、ガソリン代がお得になるクレジットカードを紹介します。

ガソリン代をお得にするカードは、利用するガソリンスタンドによって異なります。

以下の表に、主要なガソリンスタンドとその数を示します。

名前 ガソリンスタンド数
ENEOS 約10000ヶ所
出光興産 約3600ヶ所
エッソ・モービル・ゼネラル 約3400ヶ所
昭和シェル石油 約3000ヶ所
コスモ石油 約3000ヶ所
宇佐美鉱油 約500ヶ所
キグナス石油 約500ヶ所
太陽石油 約300ヶ所

シェアの大きいトップ3のガソリンスタンドでお得になるクレジットカードを紹介します。

頻繁に利用するガソリンスタンドがない方は、普通の高還元率カードで十分です。

ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラル

ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラルでお得なクレジットカードは「楽天カード」です。

楽天カードの概要を以下にまとめました。

  • ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラルで還元率2%
  • 宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率2%
  • 通常時も還元率1%!高還元率カード
年会費 国際ブランド 獲得ポイント
無料 VISA、Mastercard、JCB、AMEX 楽天スーパーポイント
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率(ENEOS) ポイント還元率
(エッソ・モービル・ゼネラル)
1.0% 2.0% 2.0%

⇒楽天カードの公式サイトはこちら

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%です。

つまり、カード払いで1000円支払ったとすると、5円分のポイントが獲得できるということ。

  • 5円(獲得ポイント)÷1000円(カード決済分)=0.5%

しかし、楽天カードは、「ENEOS」「エッソ・モービル・ゼネラル」で還元率2%になります。

普通のカードで決済するよりも4倍程度(0.5%×4=2.0%)のポイントを獲得できるということですね。

 

楽天カード以外で、「ENEOS」「エッソ・モービル・ゼネラル」で還元率2%程度になるのは以下のカードです。

  • エネオスカード
  • ANAカード

エネオスカードはエネオスではお得ですが、通常の買い物での還元率は0.6%と並程度。

楽天カードは通常時の還元率が1.0%なので、優れています。

ANAカードで還元率2.0%を実現するためには、ANAカードで決済後、Tカードを使わなければなりません。

またANAカードは年会費有料です。

「手軽さ」「万能性」を考慮すると、最もおすすめなのは楽天カードです。

 

また、楽天カードは、宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率2.0%です。

  • 交通機関:自家用車(ENEOS、エネオス・モービル・ゼネラルで給油)
  • 宿泊サイト:楽天トラベル

の場合、楽天カードが最強と言えるでしょう。

出光興産

出光興産でお得なクレジットカードは「REX CARD」です。

REX CARDの概要を以下にまとめました。

  • 通常時還元率1.25%!高還元率カード
  • 宿泊サイト「じゃらんnet」で還元率2.25%
  • 宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率1.75%
年会費 国際ブランド 獲得ポイント
無料 VISA、Mastercard ジャックスポイント
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率(出光興産)
1.25% 1.25%

⇒REX CARDの申込はこちら

REX CARDは高還元率(1.25%)カードとして有名なカードです。

出光興産で特別お得になるカードではないですが、通常時の還元率が高いため、REX CARDをおすすめします。

ちなみに、出光興産以外のガソリンスタンドでも還元率1.25%と高還元率のため、迷ったらREX CARDにすると良いです。

 

宿泊サイトである「じゃらんnet」「楽天トラベル」は、ジャックスモールを経由することで、ポイントが更に加算されます。

  • じゃらんnet:通常時1.25%+ジャックスモール経由時のポイント1.0%=2.25%
  • 楽天トラベル:通常時1.25%+ジャックスモール経由時のポイント0.5%=1.75%

楽天カードですら楽天トラベルの還元率は2.0%なので、如何にREX CARDの還元率が良いかが分かると思います。

ちなみに、ジャックスモールを経由すれば、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などの還元率も上がります。

REX CARDは節約目的の方に適したクレジットカードと言えますね。

 

REX CARD以外で出光興産でお得になるカードは「出光カード」です。

出光カードはショッピング額に応じて還元率が上がるシステムです。

毎月出光カードで何万円も買い物をする方ならば、REX CARDよりも遥かにお得になります。

しかし、出光カードは通常時の還元率が0.5%と並程度。

そのため、出光以外で出光カードで支払いをすることはほとんどないと思います。

出光カードはレギュラーの場合、1L当たり2円の割引です。

ガソリン代が140円/Lだとしたら、還元率は約1.4%。

REX CARDよりも多少高いですが、通常時の還元率のことを考えると、REX CARDの方が使いやすいです。

⇒REX CARDの申込はこちら

⇒出光カードの申込はこちら

電車賃

電車賃を節約するのに最も適したクレジットカードは「ビュー・スイカカード」です。

ビュー・スイカカードの概要を以下にまとめました。

  • 交通系電子マネー「Suica」搭載
  • 定期券・オートチャージ機能有
  • チャージ時の還元率1.5%
年会費(税抜) 国際ブランド 獲得ポイント
477円
※Web明細利用により実質無料
VISA、Mastercard、JCB JRE POINT
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率(Suicaチャージ)
0.5% 1.5%

⇒「ビュー・スイカ」カードの申込はこちら

ビュー・スイカカードの優れている点は、以下の機能を「全て」持っていることです。

  • 交通系電子マネー機能
  • オートチャージ機能:自動チャージを行い、後日、他の請求と同時にチャージ額が口座から引き落とされる
  • チャージ時の還元率が高い(1.5%)

「電子マネー機能」「オートチャージ機能」を共に有しているため、ビュー・スイカカードがあれば

  • チャージする手間
  • 電子マネーの保有

が必要なくなります。

また、多くのクレジットカードは、電子マネーへのチャージはポイント獲得対象外です。

そのため、節約目的には適しません。

しかし、ビュー・スイカカードはオートチャージによりポイント貯まる上に、還元率が1.5%と非常に高いです。

「利便性」「節約性」共に備えているため、ビュー・スイカカードは電車賃の節約に適したカードと言えます。

ビュー・スイカカード以外に電車でお得になるクレジットカードを知りたい方、他カードと比較してビュー・スイカカードの優れている点を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

「ビュー・スイカ」カードは電車の交通費を節約したい方におすすめ
クレジットカードの中には、ICカード・定期券機能が付帯しているものがあります。「ビュー・スイカ」カードは、Suica・定期券機能が付帯しており、Suicaへのチャージ時の還元率が高いため、電車の交通費を大きく節約できるんです。この記事では、「ビュー・スイカ」カードが他カードより優れている理由を紹介します。

新幹線代・飛行機代

新幹線代・飛行機代がお得になるクレジットカードは「REX CARD」です。

REX CARDの概要を以下にまとめました。

  • 通常時還元率1.25%!高還元率カード
  • 宿泊サイト「じゃらんnet」で還元率2.25%
  • 宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率1.75%
年会費 国際ブランド 獲得ポイント
無料 VISA、Mastercard ジャックスポイント
ポイント還元率(通常時)
1.25%

⇒REX CARDの申込はこちら

新幹線のチケット購入で特別お得になるクレジットカードはありません。

そのため、高還元率カードとして有名なREX CARDが良いです。

主要宿泊サイトである「じゃらんnet」「楽天トラベル」ではさらに還元率が上がるため、旅行費の節約目的の方にはおすすめ。

 

飛行機代は航空会社のポイントが貯まる「ANAカード」「JALカード」が有名です。

確かにこれらのカードは、REX CARD以上にお得にポイントを貯められます。

しかし、最低でも年会費が2000円以上かかります。

年会費をポイントで取り返そうとすると、どれだけ効率よくポイントを貯めても、年10万円以上飛行機に乗らなければなりません。

仕事・旅行で頻繁に飛行機を乗る方なら別ですが、ほとんどの方は、年会費分を回収することはできないはずです。

よって、年会費無料で尚且つ還元率が高い「REX CARD」を当サイトではおすすめします。

宿泊費が節約できるクレジットカード

宿泊費を節約するためには、宿泊サイトのクレジット決済でお得になるクレジットカードを選ぶ必要があります。

国内旅行における宿泊サイトの利用者数は

  • じゃらんnet
  • 楽天トラベル

が2トップ。

当記事では、「じゃらんnet」「楽天トラベル」で還元率が高いクレジットカードを紹介します。

じゃらんnet

じゃらんnetで還元率が高いクレジットカードは「REX CARD」です。

REX CARDの概要を以下にまとめます。

  • 通常時還元率1.25%!高還元率カード
  • 宿泊サイト「じゃらんnet」で還元率2.25%
  • 宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率1.75%
年会費 国際ブランド 獲得ポイント
無料 VISA、Mastercard ジャックスポイント
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率(じゃらんnet) ポイント還元率(楽天トラベル)
1.25% 2.25% 1.75%

⇒REX CARDの申込はこちら

REX CARDは「ジャックスモール」というショッピングサイトを経由して、じゃらんnetにアクセスすることで、還元率が2.25%になります。

  • 通常還元率:1.25%
  • ジャックスモール経由:1.0%

また、同じようにジャックスモールを経由してアクセスすれば、楽天トラベルも還元率は1.75%です。

 

じゃらんnetはリクルート系列のサービスのため、リクルートカードがお得であると思われがちです。

しかし、リクルートカードのじゃらんnetの還元率は2.0%のため、REX CARDの方が上です。

  • REX CARD:2.25%
  • リクルートカード:2.0%

ちなみに通常時の還元率もREX CARDの方が上です。

  • REX CARD:1.25%
  • リクルートカード:1.2%

よって、リクルートカードよりもREX CARDを当サイトではおすすめします。

楽天トラベル

楽天トラベルでお得になるクレジットカードは「楽天カード」です。

楽天カードの概要を以下にまとめました。

  • ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラルで還元率2%
  • 宿泊サイト「楽天トラベル」で還元率2%
  • 通常時も還元率1%!高還元率カード
年会費 国際ブランド 獲得ポイント
無料 VISA、Mastercard、JCB、AMEX 楽天スーパーポイント
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率(じゃらんnet) ポイント還元率(楽天トラベル)
1.0% 1.0% 2.0%

⇒楽天カードの公式サイトはこちら

楽天トラベルはその名の通り楽天系列のサービスのため、楽天カードでは通常時の2倍である還元率2.0%です。

管理人が知る限り、この還元率を超えるカードはないため、楽天カードをおすすめします。

ちなみに、シェアの大きいガソリンスタンドである「ENEOS」「エッソ・モービル・ゼネラル」でも還元率が2.0%と高くなりますよ。

クレジットカード活用法
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書