クレジットなしのファミマTカードとは?クレジット有とポイント制度を比較

クレジット機能無のファミマTカードを解説 Tカード

ファミマTカードにはクレジット機能があるカードとないカードがあります。

当記事では

  • クレジット機能がないファミマTカードの機能・ポイント制度
  • クレジット機能有のカードとの比較
  • クレジット機能がないファミマTカードの発行方法

を紹介します。

どのファミマTカードにするか迷っている方、クレジット機能のメリット・デメリットが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

⇒ファミマTカードの申込はこちら

スポンサーリンク

ファミマTカードの種類

ファミマTカードの種類

ファミマTカードには以下の3種類があります。

  • ポイントカード
  • VISAデビット付キャッシュカード
  • クレジットカード

3種類の中で「ポイントカード」「VISAデビット付キャッシュカード」は、クレジット機能なしです。

各カードの具体的な機能について説明していきます。

ポイントカード

ファミマTカード:ポイントカード

ファミリーマートでの買い物時に、カードを提示すると、200円につきTポイントが1ポイント貯まります。(現金・クレジットカードなど支払い方法問わず)

獲得したポイントは「1ポイント=1円」として、Tカード加盟店(ファミリーマート、TSUTAYAなど)で使用できます。

一般的なポイントカードと同じような機能ですね。

誰でも店頭ですぐに作ることができます。

VISAデビット付キャッシュカード

デビットカードとクレジットカードの違い

VISA加盟店においてカード払いによる支払いが可能です。(ファミリーマート以外でもOK)

買い物に使ったお金は、口座からすぐに引き落とされます。(後払いではない)

また、ファミリーマートにおいてカード払いで買い物をすると、200円につきTポイントが2ポイント貯まります。

ポイントカードと比較すると、ポイントが2倍貯まるので、VISAデビット付キャッシュカードの方がお得ですね。

 

満15歳以上であれば誰でも作ることができます。

ただし、引き落とし用の口座を作らなければならないため、申込からカードが手元に届くまでには数週間かかります。

クレジットカード

ポイントカードにクレジット機能が付いており、JCB加盟店においてカード払いが可能です。(ファミリーマート以外でもOK)

クレジット機能とは、後払い方式のことで、カード払いすると支払総額が月末にまとめて口座から引き落とされます。

また、ファミリーマートにおいてカード払いで買い物をすると、200円につきTポイントが2ポイント貯まります。

「ポイントカード」「VISAデビット付キャッシュカード」とは以下の違いがあります。

  • 発行するためには審査に通る必要がある
  • 18才以下は申込不可
  • ポイントが貯まりやすい

一番の違いは、カード発行に際して審査が必要なことです。

審査基準は明確ではないですが、基本的に18才以上で定収入があれば、審査に合格できると言われています。

クレジット機能の有無によりファミマTカードを比較

以下に3種のファミマTカードの基本的な機能を比較しました。

ポイントカード
(クレジット機能無)
VISAデビット付
キャッシュカード
(クレジット機能無)
クレジットカード
(クレジット機能有)
入会金 無料 無料 無料
年会費 無料 無料 無料
年齢制限 なし 満15歳以上 満18歳以上
(高校生不可)
国際ブランド VISA JCB
ファミマでの
ポイント還元率
0.5% 1.0% 1.0%
発行方法 店頭申込 WEB申込 WEB申込

18才以上の方で、定収入がある方であれば、3種全て発行できます。

ファミマTカードのポイント制度

ファミマTカードで貯まるポイントには、「ショッピングポイント」「クレジットポイント」の2つがあります。

  • ショッピングポイント:カード提示で獲得できる
  • クレジットポイント:カード払い時に獲得できる(現金払いでは不可)

また、ファミマTカードは

  • 特定の曜日でポイントが増える
  • 女性だとポイントが増える

など、様々なポイント優遇制度があります。

カードによって適用可能なポイント制度が異なるため、以下の表で確認しましょう。

ポイントカード
(クレジット機能無)
VISAデビット付
キャッシュカード
(クレジット機能無)
クレジットカード
(クレジット機能有)
ショッピング
ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
クレジット
ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
特典 ファミランク
Tポイントプラス
カードの日
レディースデー
若者応援ポイント

各特典の詳細は以下の通りです。

ファミランク 1ヵ月の買い物額に応じて翌月のショッピングポイントが決まる
~4999円:200円につき1ポイント(ブロンズ会員)
5000~14999円:200円につき2ポイント(シルバー会員)
15000円~:200円につき3ポイント(ゴールド会員)
Tポイントプラス 対象商品購入により追加ポイントゲット
カードの日 火曜と土曜はショッピングポイント3倍・クレジットポイント2倍
レディースデー 毎週水曜は女性限定でショッピングポイント2倍
若者応援ポイント 25歳以下の方は、いつでもクレジットポイント2倍

VISAデビット付キャッシュカードとクレジットカードの違いは、若者応援ポイントの適用有無のみ。

25歳以上の方の場合、ポイント獲得においては、VISAデビット付キャッシュカードでもデメリットはありません。

クレジット機能無のメリット

  • 誰でも発行できる
  • リボ払いの心配がない
  • 口座にある分しかお金を使わずに済む
  • VISAデビット付キャッシュカードはポイントが貯まりやすい

一番のメリットはリスクが低いことです。

ポイントカードの場合は現金、VISAデビット付キャッシュカードの場合は口座にあるお金しか使えません。

そのため、クレジットカードのように「気づいたらお金を使いまくってた」と後になって困ることがありません。

また、VISAデビット付キャッシュカードの場合、クレジットカードとポイントの貯まり方もほとんど変わらないので、節約面でもクレジット機能無のカードで十分です。

クレジット機能無のデメリット

  • 25歳以下の方の場合、クレジットカードはクレジットポイント2倍

若者応援ポイン以外の特典はVISAデビット付キャッシュカードでも適用可能なので、わざわざクレジット機能有のカードを選ぶ必要はありません。

「どうしてもクレジットカードを作りたい!」という方でなければ、クレジット機能無のカードで十分です。

クレジット機能無のファミマTカードの発行方法

  • ポイントカード
  • VISAデビット付キャッシュカード

ポイントカード

  1. 店頭でファミマTカードを発行したいことを伝える
  2. レジで受け取る

VISAデビット付キャッシュカード

  1. WEB上の申し込みフォームに必要事項を入力
  2. 本人確認書類をアプリで送信
  3. キャッシュカードとトークンが自宅に届く

⇒VISAデビット付キャッシュカードの申込はこちら(入会金・年会費無料)

Tカード
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書