ICOCAチャージ可能なコンビニ一覧、ICOCAをお得に使う方法

ICOCAチャージ可能なコンビニ一覧、ICOCAをお得に使う方法 ICOCA

当記事では、ICOCAのチャージができるコンビニ、コンビニでICOCAをチャージする方法を紹介します。

また、節約したい方に向けて、クレジットカードによりICOCAをお得に使う方法も合わせて紹介します。

最後に、チャージする手間を減らしたい方に向けて、オートチャージ可能な電子マネーを紹介します。

スポンサーリンク

ICOCAチャージ可能なコンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ

コンビニでICOCAをチャージする方法

  1. 店員にICOCAをチャージしたいことを伝える
  2. 専用端末にICOCAを置く
  3. 画面に表示された金額からチャージ額を選択する
    ・チャージ金額:1000円、2000円、3000円、5000円、10000円
  4. 選択した金額を現金・電子マネーで支払う
    使用可能な電子マネー
    ・Kitaca
    ・PASMO
    ・Suica
    ・manaca(マナカ)
    ・TOICA
    ・はやかけん
    ・nimoca
    ・SUGOCA

セブン銀行ATMでICOCAをチャージする方法

セブン銀行ATMが設置してある場合、店員に頼まなくても、ATMでICOCAをチャージできます。

セブン銀行ATMでは、ICOCAだけでなく、交通系電子マネー・楽天Edyのチャージにも対応しています。

チャージする手順は以下の通りです。

  1. 画面のボタンを押す
  2. 画面右側にある読み取り部にICOCAをセットする
  3. 金額を選択する

ICOCAをお得に使う方法

SMART ICOCAは普通のICOCAよりもお得に使える電子マネーです。

普通のICOCAとの違いは以下の通り。

ICOCA SMART ICOCA
チャージ方法 現金
クレジットカード ×
電子マネー機能
カード履歴確認 券売機
会員専用サイト ×
紛失時の再発行 ×
購入方法 駅の窓口・券売機 オンライン・書類郵送
(クレジットカード必須)
定期券機能

SMART ICOCAを利用することの一番のメリットは、クレジットカードによるチャージでポイントが貯まることです。

多くのクレジットカードは買い物時にポイントが貯まりますが、一部のクレジットカードはICOCAへのチャージでもポイントが貯まります。

ICOCAへのチャージでポイントが貯まらないカードもあるので気をつけてください。

基本的にSMART ICOCAは普通のICOCAの完全上位互換なので、これを機にSMART ICOCAに乗り換えると良いでしょう。

それでは、SMART ICOCAの購入方法、ICOCAへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを紹介します。

SMART ICOCAの購入方法

  • オンライン申込(運転免許証必須)
  • 郵送申込
    ・JR西日本のICOCAエリアの駅に設置してある「SMART ICOCA入会申込書」を送付
  • 大阪駅の「Club J-WEST サービスコーナー」で即日発行

購入費用:2000円
・1500円(列車・買い物に利用可能)
・500円(カード返却時に返金可能)

購入費用は有料ですが、上記理由により、実質無料です。

注意点

  • 申込にはクレジットカードが必須

ICOCAチャージでポイントが貯まるクレジットカード

カード名 年会費(税込) チャージ時の還元率
ダイナースのブラックカード 140400円 2.0%
リーダーズカード 2700円 1.25%
REX CARD 無料 1.25%
リクルートカード 無料 1.2%
Yahoo! JAPANカード 無料 1.0%
Orico Card THE POINT 無料 1.0%
タカシマヤセゾンカード 無料 1.0%
ダイナースクラブカード 23760円 1.0%
大丸松坂屋お得意様ゴールドカード 無料 1.0%
J-WESTカード 1080円 0.5%
(利用時0.5%貯まるため、合計1.0%)
エポスゴールドカード 5000円 0.5%
JQ CARD エポスゴールド 5000円 0.5%
ライフカード 無料 0.5%
エポスカード 無料 0.5%
P-one Wiz 無料 0.5%
セゾン・アメックス 無料 0.5%
MUJIカード 無料 0.5%
パルコカード 無料 0.5%
セディナカード 無料 0.5%
イオンカード 無料 0.5%
シネマイレージカードセゾン 無料 0.5%
ヤマダLABI ANAマイレージ
クラブカードセゾン・アメックス
無料 0.5%
クラブ・オン/ミレニアムカード・セゾン 無料 0.5%
JQ CARD セゾン 無料 0.5%
セゾンカードインターナショナル 無料 0.5%
ロフトカード 無料 0.3%

上記カードの中で、管理人がおすすめするクレジットカードを詳しく紹介します。

REX CARD

  • 高還元率カード(1.25%)
  • Amazon・楽天市場等のショッピングサイトで還元率1.75%
年会費(税抜) 国際ブランド ポイント還元率
無料 VISA、Mastercard 1.25%
ICOCAチャージ時の還元率 獲得ポイント
ポイントの使い道・交換先
1.25% REX POINT Jデポ、ANAマイル

⇒REX CARDの申込はこちら

REX CARDの魅力は、最高峰の高還元率カードであるということです。

通常のクレジットカードの還元率が0.5%であるのに対して、REX CARDは還元率1.25%。

Amazon・楽天市場・Yahoo! ショッピング等の主要通販サイトでは、還元率が1.75%になります。

 

獲得ポイントであるREX POINTは、カードご利用代金の口座引き落とし時に適用される「Jデポ」と交換できます。

商品券・景品と違って、直接割引されるため、ポイントの使い道に迷う必要はありません。

ICOCAチャージ目的以外だとしても、節約家の方にはREX CARDをおすすめします。

リクルートカード

  • 高還元率カード(1.2%)
  • 獲得ポイントの使い道が少ない
年会費(税抜) 国際ブランド ポイント還元率
無料 VISA、Mastercard、JCB 1.2%
ICOCAチャージ時の還元率 獲得ポイント
ポイントの使い道・交換先
1.2% リクルートポイント リクルート系サービスの利用
ポンパレモール
Pontaポイント

⇒リクルートカードの申込はこちら

REX CARD同様、高還元率カードとして有名です。

ただし、REX CARDと比較するとリクルートカードはポイントの使い道が少ないです。

じゃらん、ホットペッパーグルメなどの「リクルート系サービス」、ローソンを利用しない方にとっては、ショッピングサイトである「ポンパレモール」ぐらいでしか獲得ポイントを活用できません。

基本的には、節約目的の方の場合、リクルートカードよりもREX CARDをおすすめします。

エポスゴールドカード

  • ICOCAチャージで還元率1.5%にすることが可能
  • 年50万円以上のカード利用で年会費無料
  • エポスカードからのインビテーションで年会費無料
年会費(税込) 国際ブランド ポイント還元率
5000円 VISA 0.5%
ICOCAチャージ時の還元率 獲得ポイント
ポイントの使い道・交換先
0.5% エポスポイント マルイ
エポスVisaプリペイドカード
商品券・ギフト券

⇒エポスゴールドカードの申込はこちら

エポスゴールドカードはエポスカードのゴールド版です。

エポスゴールドカードは「選べるポイントアップショップ」登録でポイント3倍にできます。

例えば、ポイントアップショップとしてJR西日本を選べば、ICOCAチャージで還元率1.5%(通常時の還元率0.5%×3)になります。

これは、高還元率カードであるREX CARD(還元率1.25%)、リクルートカード(還元率1.2%)よりも還元率が高いです。

 

エポスゴールドカードを発行するにあたって問題となるのは年会費が5000円かかることです。

年会費を無料にする方法は2つ。

  • エポスカードのインビテーション
  • 年50万円以上のカード利用

インビテーションとは、カード会社からの勧誘のことです。

エポスカードを年約50万以上利用すると、カード会社の方からゴールドカードに昇格させないか、という勧誘を受けます。

要するに、年50万程度エポスカードを利用すれば、年会費が無料になるということですね。

いきなりエポスゴールドカードに申し込んでしまうと、初年度は年会費がかかるので、とりあえずエポスカードから申し込むことをおすすめします。

⇒エポスカードの申込はこちら

オートチャージ可能な電子マネー一覧

電子マネーのオートチャージとは?

オートチャージとは、電子マネーが残高不足になったときに、指定したクレジットカードから自動でチャージしてくれるサービスのことです。

わざわざ券売機などでチャージする手間が省けるため、非常に楽です。

残念ながらICOCAはオートチャージ非対応。

以下にオートチャージ可能な電子マネーを示します。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • PASMO
  • WAON
  • SUGOCA
  • nanaco

ちなみに、交通系電子マネーは2014年より全国統一されたため、Suica・PASMOは西日本でも使えますし、ICOCAは東日本でも使えます。

チャージする時間がもったいないと感じる方は、これを機にICOCAから他電子マネーへの乗り換えを検討すると良いかもしれません。

ICOCA
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書