PASMOにチャージできるコンビニ一覧、お得なチャージ方法も紹介

PASMOにチャージできるコンビニ PASMO

以下のコンビニは、店頭にてPASMOのチャージが可能です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ
  • コミュニティストア
  • Seico Mart
  • Lawson Store 100
  • New Days

当記事では、上記コンビニでPASMOにチャージする方法、コンビニ以外でチャージできる場所を説明します。

また、駅の券売機やコンビニでチャージするよりも、「オートチャージ機能」を活用した方が、チャージする手間がかからないだけでなく、ポイントを獲得できるためお得です。

そのため、PASMOにオートチャージ機能を付ける方法も、合わせて紹介します。

スポンサーリンク

コンビニでPASMOにチャージする方法

コンビニでPASMOにチャージする方法

  1. 店員にチャージしたいことを伝える
  2. 専用端末にPASMOを置く
  3. 画面に表示された金額からチャージ額を選択する
    ・チャージ額:1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円
  4. 選択した金額を現金で支払う
    ・支払いは現金のみ。電子マネー等は使用不可。

セブンイレブンでは専用ATM「セブン銀行ATM」でチャージができる

セブンイレブン以外のコンビニでは、上記方法の通り、店頭で手続きをしなければなりません。

数分のことですが、長蛇の列が出来ているときや、急いでるときは手間に感じるかもしれません。

セブンイレブンでは、専用ATMである「セブン銀行ATM」で、以下の電子マネーにチャージすることができます。

  • PASMO
  • Suica
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • 楽天Edy

当然、手数料は無料です。

店員との手続きを手間に感じる方は、セブン銀行ATMの利用をおすすめします。

コンビニ以外でPASMOにチャージできる場所

  • 駅の券売機、チャージ機
  • バス車内
  • スーパーショッピングセンター
    ・イオン
    ・ピーコックストア
    ・まいばすけっと
  • 家電量販店
    ・ビックカメラ
    ・コジマ
    ・ソフマップ
  • ドラッグストア
    ・ツルハドラッグ
    ・ESSO

PASMOのオートチャージ機能とは?

電子マネーのオートチャージとは?

オートチャージ機能とは、PASMOによる改札通過・買い物の際、残高が足りなくなると、指定した金額分だけ自動的にチャージされる機能のことです。

チャージ分の金額は、登録したクレジットカード経由で支払われます。

この機能には以下のメリットがあります。

  • 残高不足により改札・店頭で止まることがない
  • わざわざ残高を確認する必要がない
  • チャージによりポイントが貯まる

オートチャージ機能は、通常のチャージよりも明らかに手間が省けます。

また、現金と違い、クレジットカードからのチャージはポイントが貯まるため、節約にもなります。

逆にオートチャージ機能のデメリットは以下の通りです。

  • PASMOが付帯したクレジットカードを発行しなければならない

オートチャージ分の金額はクレジットカードを経由して請求されます。

この際、どのクレジットカードでも良いわけではなく、鉄道会社が提携したクレジットカードでないと、オートチャージ機能を活用することはできません。

オートチャージ機能を活用できるクレジットカードは以下の通りです。

  • パスタウンカード
  • 小田急OPクレジットカード
  • JALカードOPクレジット
  • 京王パスポートPASMOカード VISA
  • 京急カード
  • 京成カード
  • 西武プリンスクラブカード・セゾン
  • 相鉄カード
  • 東武カード
  • 東京メトロToMeカードPrime
  • ソラチカカード
  • 横浜交通hama-eco card
  • TOKYU CARD ClubQ JMB
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

既に上記カードのいずれかを持っている方は、簡単な手続きを済ませれば、オートチャージ機能を使用できます。

一方で、上記カードを持ってない方は、まずクレジットカードを発行するところから始めなければなりません。

多少面倒ですが、日頃の手間&お得さを考慮するならば、クレジットカードを発行してオートチャージ機能を利用することをおすすめします。

おすすめのオートチャージ機能付帯クレジットカード

PASMOのオートチャージ機能が利用可能なクレジットカードの中で、最もおすすめな「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」の概要を以下にまとめました。

  • PASMOオートチャージで還元率1.0%
    (他カードは全て0.5%)
  • 通常時もWeb明細利用により還元率1.0%
年会費(税別) 国際ブランド 獲得ポイント
1,000円
※Web明細利用により無料
VISA、Mastercard プレミアムポイント
TOKYU POINT
ポイント還元率(通常時) ポイント還元率
(PASMOオートチャージ
)
0.5%
※Web明細利用により1.0%
1.0%

⇒TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの公式サイトはこちら

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOと他カードの違いは、PASMOオートチャージ時の還元率です。

  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO⇒還元率1.0%
  • 他カード⇒還元率0.5%

他カードよりも2倍ポイントが貯まるため、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを最もおすすめします。

また、通常の買い物での還元率は0.5%と普通ぐらいですが、明細を郵送からWebにすれば、還元率が1.0%になります。

PASMOオートチャージ機能を利用したい方には、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOをおすすめします。

⇒TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの公式サイトはこちら

オートチャージ機能の設定方法

オートチャージ機能には2通りあります。

  • 一体型⇒クレジットカードとPASMOが一体化
  • 分離型⇒クレジットカードとPASMOを別々に保有

保有するカード枚数が減るため、基本的には一体型をおすすめします。

今持っているPASMOを引き続き使い続けたい方は、分離型でも良いでしょう。

それでは、一体型・分離型のオートチャージの利用方法を説明します。

クレカ・PASMO一体型のオートチャージ機能設定方法

  1. オートチャージ機能対応のクレジットカードに申込
  2. 一体型PASMO申込書に必要事項を記入の上、指定の宛先に郵送
    ・申込書は駅の窓口で受取る
  3. 申込から約4週間でクレジットカード一体型PASMOが郵送される

クレカ・PASMO分離型のオートチャージ機能設定方法

  1. オートチャージ機能対応のクレジットカードに申込
  2. PASMOオートチャージサービス申込書に必要事項を記入の上、指定の宛先に郵送
    ・申込書は駅の窓口で受取る
  3. 「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ」と記載されたハガキを受取り、駅の窓口で手続きを行う
  4. 申込から約4週間で設定を終えた旨が記載されたハガキが届く
PASMO
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書