楽天カードを家事手伝いで作るのは難しい!”現実的な”対処法を解説

楽天カード

クレジットカードの利用は一種の借金であるため、安定した収入がなければ作ることはできません。

また、楽天カードは誰にでも作れるイメージがあるかもしれませんが、審査自体はそれなりに厳しいです。

そのため、結論から言うと、収入がない家事手伝いの方が楽天カードを作るのは難しいです。

家事手伝いで楽天カードを作りたい方は、『職業を変えて、楽天カードに申し込む』もしくは『家事手伝いのままでも発行できるクレジットカードを選ぶ』ことをおすすめします。

この記事では、家事手伝いの方が楽天カードを作るのが難しい理由と、現実的な対処法を解説します。

⇒楽天カードの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

家事手伝いが楽天カードを作れない理由

楽天カードの審査は”それなりに”厳しい

楽天カードはテレビCMをバンバン打ってるため、庶民的なカードのイメージがあるかもしれません。

確かに安定した収入がある方であれば、楽天カードはほぼ間違いなく審査に通ることができます。

しかし、楽天カードは「クレジットカード」であり、貸したお金を返してもらわないと商売が成り立たないので、最低でもアルバイトレベルの収入は要求されます。

そのため、安定した収入がないと考えられている「家事手伝い」が、楽天カードの審査に通るのは難しいです。

カード会社にとって家事手伝いは「無職」とみなされる

カード会社にとって最も最悪のパターンは、貸したお金が返ってこないことです。

「家事手伝い」という言葉の定義は難しいですが、カード会社にとっては「無職」と同じ扱いになってしまいます。

無職の人にお金を貸しても返ってこないと考えるのが普通であるため、家事手伝いの方がクレジットカードの審査に通るのはとても難しいことといえます。

もし、会社から雇われて家事手伝いをしている場合は、アルバイト・フリーターとしてクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

家事手伝いでもクレジットカードが発行できる人

自分もしくは家族に安定した仕事を持っている人がいるのであれば、家事手伝いでもクレジットカードの審査に通ることができます。

カード会社は、貸したお金が回収できればそれで良いのです。

そのため、旦那もしくは親が稼いでくれる「主婦」「学生」は、仕事をしていないにも関わらず、クレジットカードを作ることができます。

特に大学生は、卒業後就職してお金を稼ぐことになるので、かなり審査が厳しいクレジットカードにも合格することができます。

 

そのため、組織もしくは個人からお金をもらって家事手伝いをしている方は、アルバイト・フリーターとしてカードに申し込みましょう。

楽天カードの審査には通らないかもしれないですが、より審査の甘い「流通系カード」を作ることはできます。

 

また、結婚している方の場合、主婦もしくは主夫としてカードに申し込むべきです。

楽天カードは結婚相手が安定した収入を持っている場合、容易に審査に通ることができます。

 

最後に貯金が大量にある方の場合、アメックスカードを作れる可能性があります。

通常のクレジットカードの審査は、「安定した収入」が絶対的な価値基準であるため、無職の方はクレジットカードを作ることはできません。

しかし、アメックスカードは海外発足のカード会社であり、日本のカード会社とは審査の基準がかなり異なります。

アメックスカードは安定した収入がなくても、資産がある方の場合、審査に通る可能性があります。

ある程度まとまった資産がある方は、とりあえず楽天カードは諦めてアメックスカードに申し込むことをおすすめします。

家事手伝いがクレジットカードを作る方法

残念ながら、家事手伝いの方が今すぐ楽天カードを作るのは、一旦待ったほうが良いです。

 

ダメもとで申し込むのは、あまりおすすめしません。

クレジットカードは短期間で複数申し込むと、審査に落ちやすくなります。

そのため、合格する見込みのないクレジットカードに申し込むのはおすすめしません。

ある程度合格する可能性が高いカードにのみ申し込みましょう。

審査基準が異なるACマスターカードを作る

ACマスターカードはアコムが発行しているクレジットカードであり、楽天カードとは審査基準が異なります。

さすがに無職では審査に通ることはできませんが、たとえアルバイトでも、定収入があれば審査に通ることができます。

また、コンビニのATMなどで即日発行が可能であるため、今すぐクレジットカードを作ることができます。

そのため、とりあえず何らかのアルバイトを始めてACマスターカードに申し込むことをおすすめします。

 

『わざわざ働きに出たくない…』

という方は、内職など自宅でできるアルバイトでもOK。

ACマスターカードの審査基準は、正社員問わず定収入がある(株やFXなどの投資、ネットビジネスもOK)ことなので、内職でも全く問題ありません。

 

ただし、返済方法はリボ払いに限られるため、利用する際は気をつけてください。

楽天デビットカードを利用する

「デビットカード」はクレジットカードと似たようなサービスです。

クレジットカードは1ヵ月間に支払った料金を、指定された日に一括で口座から引き落とすシステムです(一括払いの場合)。

一方で、デビットカードは、カード払いした瞬間に指定した口座から直接お金が引き出されます。

そのため、クレジットカードでは現金がなくても買い物することができますが、デビットカードでは口座にお金がないと使うことはできません。

現金がない状態で買い物したい方にはクレジットカードは良いですが、単にカード払いしたいだけの方の場合、デビットカードで全く問題ありません。

 

デビットカードの場合はクレジットカードと違ってお金を借りるわけではないので、審査がありません。

そのため、16歳以上であれば家事手伝いの方でもカードを作ることができます。

 

楽天デビットカードは、楽天カードのデビットカードバージョンで、買い物をすれば楽天ポイントを貯めることもできます。

クレジット機能(後払いシステム)がないだけで、ほとんど楽天カードと同じなのでぶっちゃけほとんどの人は楽天デビットカードの方が良いと思います。

口座からお金が引き出されるので借金する可能性もないですし、即座に口座残高に反映されるため、いつ何にお金を使ったのか把握するのが簡単です。

時々、デビットカードが使えない店・ネットサービスもあるので注意して下さい。

ちなみに、当サイトの管理人は大学1年生のころから今(24歳)までデビットカードを使ってきましたが、一回だけillustratorというイラストソフトの支払いが「デビットカード不可」だっただけで、海外でも他のネット申し込みでもデビットカードで余裕でOKでした。

管理人個人の意見としてはデビットカードを強くおすすめします。

⇒楽天カードの公式サイトはこちら

楽天カード
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書