楽天バーチャルプリペイドカードを解説!メリット・デメリットを紹介

楽天バーチャルプリペイドカードを解説 楽天カード

当記事では、楽天バーチャルプリペイドカードについて詳しく解説しています。

目次から気になる情報を探してみてください。

スポンサーリンク

楽天バーチャルプリペイドカードとは?

楽天バーチャルプリペイドカードとは?

楽天バーチャルプリペイドカードとは、インターネットショッピング専用のプリペイドカードです。

通常のプリペイドカード同様、先払い方式でカードを購入し、購入した金額分だけショッピングに使うことができます。

楽天バーチャルプリペイドカードのカードフェイス

カード購入後、上記のような仮想(バーチャル)カードが発行されます。

「バーチャル」なので、いわゆるプラスチックのカードは発行されません。

カードは、インターネット上の画面に表示されるだけです。

当然、手元にリアルのカードが手に入るわけではないので、コンビニ・家電量販店などの店舗で使用することはできません。

 

購入したカードには、クレジットカードのように、国際ブランド・専用カード番号・有効期限・セキュリティコードが記載されています。

楽天バーチャルプリペイドカードを使用してネットショッピングする際は、クレジットカード同様、上記カード番号を入力すれば購入できます。

以上が、楽天バーチャルプリペイドカードの概要になります。

簡単に言うと、先払い方式のネットショッピング専用カードということですね。

続いて、楽天バーチャルプリペイドカードの機能を示します。

カード機能の簡易解説【年会費・国際ブランドなど】

以下の表に、楽天バーチャルプリペイドカードの機能をまとめました。

手数料 無料
国際ブランド Mastercard
還元率 1.0%(※)
購入金額 500円~30,000円
カードの有効期限 購入月の1年後の末日
1日の購入上限 10万円
カード発行枚数の制限 無制限
カードデザイン 25種類

(※カード購入時に1.0%分の楽天スーパーポイント、カード支払い時はポイント無)

楽天バーチャルプリペイドカードの特徴

楽天バーチャルプリペイドカードを購入する上で知っておくべきことを説明します。

  • 購入には楽天カード必須
  • カード名・カード名義を自由に設定・変更可能
  • カード購入時に楽天スーパーポイントが貯まる
  • カード利用明細は専用ページで確認可能

購入には楽天カード必須

楽天バーチャルプリペイドカードの購入には楽天カード必須

楽天バーチャルプリペイドカードの購入には、楽天カードが必須です。

楽天カードからの購入以外は対応していません。

楽天カードを持っていない方は、まずは楽天カードを発行することから始めましょう。

カード名・カード名義を自由に設定・変更可能

楽天バーチャルプリペイドカードはカード名を自由に設定可能

購入したカードは、専用サイト「楽天e-NAVI」にて、確認することができます。

カード名を自由に設定可能です。

例えば、購入した3枚のカードを「ゲーム用」「動画用」「その他」という名前にすることができます。

 

また、カード名義も自由に設定できます。

本名が田中太郎だったら、普通はカード名義が「TARO TANAKA」になります。

しかし、楽天バーチャルプリペイドカードの場合、この名前を自由に決めれます。

カード購入時に楽天スーパーポイントが貯まる

カード購入時に購入代金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まる

楽天カードから楽天バーチャルプリペイドカードを購入する際、購入金額の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

例えば、3万円分購入したとしたら、300円分のポイントが貯まります。

一方で、楽天バーチャルプリペイドカードで支払いをする際はポイントは貯まりません。

カード利用明細は専用ページで確認可能

カード利用明細は専用ページ「楽天e-NAVI」にて確認可能です。

楽天カードの利用明細ではなく、楽天バーチャルプリペイドカードの利用明細に残ります。

明細を管理したい方は気を付けてください。

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット

わざわざ楽天バーチャルプリペイドカードを利用する意味はあるの?

楽天カードと何が違うの?

と感じる方もいるでしょう。

以下に、楽天カードよりも優れている点を紹介します。

  • 個人情報漏洩のリスクが低い
  • お金の使いすぎを防げる
  • クレジットカードの利用明細に残らない

個人情報漏洩のリスクが低い

楽天バーチャルプリペイドカードは、安全のために、以下の対策を取っています。

  • 専用カード番号
  • 本人認証サービス
  • カード利用お知らせメール

専用カード番号が発行されるためクレカ情報が流出する心配がない

楽天バーチャルプリペイドカードでは、専用カード番号が発行されます。

そのため、ネットショッピングでクレジットカードのカード番号を入力する必要がありません。

仮にカード番号が漏洩したとしても、クレジットカードはノーダメージです。

Amazonや楽天などの有名ショッピングサイトなら安心ですが、聞いたことがないサイトでカード番号を入力するのは抵抗のある方がいると思います。

そんな方は、楽天バーチャルプリペイドカードで支払いをすれば、被害を最小限に抑えることができます。

本人認証サービスとは

また、楽天バーチャルプリペイドカードは「本人認証サービス」を利用することができます。

本人認証サービスとは、ネットショッピングの際、パスワードを設定できる機能のことです。

これにより、パスワードを知っている人しか、そのカードで買い物できなくなります。

本人認証サービスは、各国際ブランドによって用意されており、楽天バーチャルプリペイドカードの場合は、Mastercardのサービスを利用することになります。

ちなみに、楽天カードでも本人認証サービスに登録することができますよ。

そのため、本人認証サービスは楽天バーチャルプリペイドカード特有のメリットというわけではないですね。

 

カードお知らせメールは、その名の通り、決済が行われると指定したアドレスにメールが送られます。

自分以外の人が決済したらすぐ分かるので、被害を最小限に抑えることができます。

お金の使いすぎを防げる

クレジットカードは後払いです。

そのため、「気づいたら何万円も使ってた・・・」ということになりやすいです。

しかし、プリペイドカードは前払いのため、想定外の大出費を防ぐことができます。

 

特に楽天バーチャルプリペイドカードの場合は、各カード毎に名前を付けることができます。

例えば、

  • ゲームに2万円
  • お菓子に1万円
  • 映画に3万円

というルールを決めたとします。

この場合、事前に「2万円分」「1万円分」「3万円分」で3枚のプリペイドカードを購入し、それぞれ「ゲーム用」「お菓子用」「映画用」などと名前を付ければ、絶対に無駄遣いを防げます。

ついついお金を使い過ぎてしまう方にとっては、ぴったりのカードですね。

クレジットカードの利用明細に残らない

クレジットカードの利用明細を家族と共有している方も多いでしょう。

そんな方にとって、クレジットカードによる買い物が少し勇気がいると思います。

特に、相手にとって都合が悪い買い物ができないですよね。

 

しかし、楽天バーチャルプリペイドカードで支払えば、支払い内容はクレジットカードの明細には残りません。

楽天バーチャルプリペイドカードの明細に残ります。

そのため、明細を隠したい方は、楽天バーチャルプリペイドカードを購入し、そのカードで支払うと良いでしょう。

ただし、楽天バーチャルプリペイドカードを購入した事実は残るので、お金を使った事実は隠せないですけどね笑。

楽天バーチャルプリペイドカードのデメリット

  • 電子マネーへのチャージは非対応
  • 残高が中途半端になると使いづらい
  • カードの有効期限が約1年と短い

電子マネーへのチャージは非対応

Suica、au WALLETなど、電子マネーへのチャージは非対応です。

ポイントの2重取りはしづらいカードですね。

残高が中途半端になると使いづらい

例えば、1万円分のカードで、9970円の商品を購入した場合、カードに30円だけ残ります。

この30円(端数)の使い道って困りますよね。

楽天バーチャルプリペイドカードにおいて、端数は以下の方法で処理することができます。

  • 他のカードと合算する
  • 楽天スーパーポイントで調整する
  • Amazonギフト券を購入する

他のカードと合算する

新たに楽天バーチャルプリペイドカードを購入する際、残高が残っているカードがあると、以下の画面のように残高を移行できます。

継続的にプリペイドカードを購入する場合、合算できるため、端数で困ることはないでしょう。

楽天スーパーポイントで調整する

楽天カードを持っている方の場合、少なからず楽天スーパーポイントが貯まっているはずです。

楽天系サービスでは、楽天スーパーポイントで買い物ができます。

例えば、残高が30円のプリペイドカードがあり、楽天市場で1000円の商品を買うとします。

この場合、以下のような支払い方法であれば、プリペイドカードの30円を処理できます。

  • プリペイドカード⇒30円
  • 楽天スーパーポイント⇒970円分

このように、楽天スーパーポイントを上手く使って、端数を処理するのもありですね。

Amazonギフト券を購入する

Amazonギフト券は1円単位で購入金額を設定できます。

そのため、残高が30円だとしても、30円分のAmazonギフト券を購入すれことができます。

この方法であれば確実にプリペイドカードを使い切ることができますね。

最も手間がかからないので、管理人はこの方法をおすすめします。

カードの有効期限が約1年と短い

楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は、購入月の1年後の末日です。

約1年ですね。

購入後のキャンセルはできないため、1年以内に使いきれる分だけ購入しましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードの購入方法

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. メニューバーより、「楽天バーチャルプリペイドカード」を選択
  3. 「カードのご購入」を選択
  4. カードデザインを選択
  5. 購入金額・カード名を入力
  6. 規約・注意事項を確認の上、確認画面へ進む
  7. セキュリティコードを入力の上、「同意して確認画面へ」を選択
  8. 購入内容を確認の上、「購入する」を選択

 

楽天カード
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書