目的別クレジットカードの選び方|節約?ステータス?今すぐ欲しい?

目的別でクレジットカードを探す クレジットカード活用法

クレジットカードは種類が多すぎて、自分にとってどんなカードが適しているのか、何を選べば良いのかが分からないと思います。

しかし、クレジットカードを作る目的が明確であれば、注目すべきポイントが決まるので、自分に合ったクレジットカードが分かります。

  • 節約
  • ステータス
  • 今すぐ欲しい
  • なんとなく欲しい

この記事では、目的別にクレジットカードの選び方を紹介しているので、カード選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【節約したい方向け】クレジットカードの選び方

  • 年会費無料&ポイント高還元率のカードを探す
  • お金をたくさん使うお店でお得になるカードを探す

年会費無料&ポイント高還元率のカードを探す

節約目的でクレジットカードを作るなら、年会費無料&高還元率が良い

クレジットカード払いがお得である理由は、支払いの際にポイントを獲得できるからです。

節約目的でクレジットカードを作る方は、ポイントがたくさんもらえるカードを選びましょう。

どのクレジットカードがたくさんポイントをもらえるかは、「還元率」が目安になります。

例えば、還元率1%のクレジットカードを使って、1万円の買い物をした場合、

10,000円×0.01(1%)=100円

相当のポイントを獲得できます。

もし、還元率2%のクレジットカードを使って、1万円の買い物をした場合、

10,000円×0.02(2%)=200円

相当のポイントを獲得できます。

つまり、還元率が高ければ高いほど、お得だということです。

節約目的の方は、高還元率のクレジットカードを選びましょう。

 

節約する上で、意外と気にしない人が多いのが、「年会費」です。

年会費10,000円ぐらいだと

『1年で10,000円だったら、1ヵ月当たり1,000円。超安いじゃん!OK!OK!』

と考えがちです。

しかし、1,000円をポイントで稼ごうとしたら、還元率1%だと仮定すると、10万円分の支払いをクレジットカードでしなければなりません。

100,000円×0.01(1%)=1,000円(獲得ポイント)

1ヵ月にクレジットカードで10万円分の買い物をする人はわずかでしょう。

年会費1万円のクレジットカードを契約してしまったら、1ヵ月に10万円以上クレジットカード払いをしないと、損することになります。

節約が目的の場合、年会費無料のカードを選ぶべきです。

お金をたくさん使うお店でお得になるカードを探す

提携先のお店・サービスで買い物をすると通常より多くのポイントを獲得できる

クレジットカードは、特定のお店・サービスで買い物をすると、通常よりも多くのポイントを獲得できます。

例えば、通常の買い物では還元率1%の「JCBカード」は、

  • スターバックスコーヒー:還元率5%
  • セブンイレブン:還元率2%
  • Amazon:還元率2%

になり、とてもお得になります。

そのため、頻繁にセブンイレブンで買い物する方や、Amazonでネットショッピングをする方は、他のポイント高還元率カードよりも、JCBカードの方がお得です。

自分が最もお金を使うお店・サービスで、還元率が上がるクレジットカードを選びましょう。

特定のお店で頻繁に買い物をしない方は、通常の支払いで還元率が高いカードを選べば良いです。

【ステータス目的の方向け】クレジットカードの選び方

  • ブラックカード・プラチナカードを探す
  • 見た目がオシャレなカードを探す

ブラックカード・プラチナカードを探す

クレジットカードのステータス

クレジットカードは以下の4種のステータスに分類することができ、上位ステータスを持つことによって、自分の経済力をアピールできます。

  • ブラックカード
  • プラチナカード
  • ゴールドカード
  • 一般カード

ブラックカード・プラチナカードは、通常のクレジットカードと比較すると、入会難易度がとても高いです。

ブラックカード・プラチナカードの保有率は、カード所有者の内、1%程度と言われています。

また、プラチナカード以上になると、以下に示すようなサービスを受けることができ、贅沢度が格段に上がります。

  • コンシェルジュサービス(秘書サービス:レストランの予約等をしてくれる)
  • 高級レストラン優待
  • ショッピング保険(カード払いで購入した商品が壊れた際の保険)

ステータス目的でクレジットカードを作る方は、プラチナカード以上を狙ってみてください。

見た目がオシャレなカードを探す

クレジットカードでも見た目はとても重要です。

ステータス目的の方には、神殿や龍を主体としたかっこいいデザインのクレジットカードをおすすめします。

 

また、最近はアニメキャラ・ゲームキャラがモチーフのクレジットカードもたくさんあります。

これらのカードは審査が緩いため、比較的簡単に手に入れることができます。

お気に入りのキャラがいる方は、キャラクター系カードを探してみても良いですね。

【今すぐ欲しい方向け】クレジットカードの選び方

  • 店頭で発行できるカードを探す
  • 発行期間が短いカードを探す

店頭で発行できるカードを探す

店頭申込であればクレジットカードの即日発行可能

クレジットカードは、以下の3ステップで発行されます。

  1. 申込
  2. 審査
  3. カード発行

この3つのステップが1日で終わるカードが、即日発行可能なクレジットカードです。

そのため、郵送ではなく店頭窓口でカードを受け取れるクレジットカードは即日発行可能なケースが多いです。

今すぐクレジットカードが欲しい方は、店頭受取可能なクレジットカードに絞って、探してみてください。

発行期間が短いカードを探す

クレジットカードを申し込んでから家に届くまでの期間は通常2週間程度

申し込んでから家に届くまでの期間(発行期間)が短いカードを探しましょう。

ただし、発行期間はカード会社により異なる上に、公表されてないため、ネットの口コミ等を参考にするしかありません。

参考情報として、通常のクレジットカードは、申し込んでから2週間程度でカードが手元に届きます。

一方で、発行期間が短いカードの場合、3~7日程度でカードを手にすることができます。

そのため、「1週間以内に発行可能」を目安にクレジットカードを探せば良いのではないでしょうか。

カードが届くまで1週間も待てないという方は、店頭で受取り可能な即日発行カードを探しましょう。

【独自機能を使いたい方向け】クレジットカードの選び方

クレジットカードには様々な機能がある

クレジットカードの機能は、お店での支払いが楽になったり、ポイントが貯まったりするだけではありません。

その他にも、クレジットカードでしか得られない独自機能がたくさんあります。

  • 分割払い・リボ払い
  • 電子マネー
  • ETC
  • 家族共有
  • 空港ラウンジ
  • 旅行保険・盗難保険等

これらの独自機能は、各カードによって「サービス内容」「サービスの質」が大きく異なります。

独自機能が目的の方は、サービス内容を中心にクレジットカードを探すと良いでしょう。

【なんとなく欲しい方向け】クレジットカードの選び方

なんとなくクレジットカードが欲しい方は年会費無料で人気のカードがおすすめ

具体的な目的は特になく、なんとなくクレジットカードが欲しい方も多いと思います。

管理人もクレジットカードを初めて作った時の理由は、カード払いがなんとなく格好良さそうだったからです笑。

なんとなくクレジットカードを作りたい方は、リスクの低いカードを選ぶことをおすすめします。

具体的には以下の3点で選ぶと良いでしょう。

  • 年会費無料
  • 人気
  • 国際ブランドはVISA

年会費無料カードであれば、カードを全く使わなかったとしても、金銭的な損はゼロです。

 

また、人気のクレジットカード(発行数の多いカード)は、誰でもある程度は満足できる機能を持っています。

飲食店で例えると、ファミレスみたいなものですね。

特定の層に受けるというよりは、万人受けを狙っている。

 

最後に、国際ブランドはVISAをおすすめします。

国際ブランドとは、カード払い可能なお店・サービスを示しており、VISAカードであればVISA加盟店でカード払いが可能です。

国際ブランドにもいくつか種類がありますが、その中でも、VISAはトップシェアを獲得しています。

国際ブランドの世界シェア

主要な店舗・サービスでは、「VISA」「MasterCard」、日本では「JCB」は対応しています。

しかし、個人経営や小規模サービスの場合、VISAのみ対応のケースが多いです。

特にJCBカードは日本だと加盟店が多いですが、海外に行くとほぼ使えません。

特別理由がない場合、VISAカードを選ぶことをおすすめします。

 

また、金遣いが粗い方は、限度額が低いカードを選ぶと良いかもしれません。

クレジットカードは、財布・預金口座にお金がなくても買い物ができてしまいます。

そのため、計画的にお金を使うのが苦手な方は、気づいたら大量の借金を抱えているケースがあります。

後払い方式はクレジットカードの大きなメリットですが、自分の収入に見合った買い物をするように気を付けましょう。

【番外編】スペック別クレジットカードの選び方

クレジットカードのスペック一覧

クレジットカードには様々なスペックがあります。

クレジットカード初心者の方は、各スペックが何を意味しているのか、何を選べば良いのか分からないでしょう。

各スペックの簡易解説、選び方を以下の表にまとめたので、カード選びの参考にしてください。

スペック 簡易解説 選び方
年会費 カード利用に必要な費用。高いほどサービス内容が良い傾向がある。 基本的な機能のみであれば無料で問題ない。スペック重視の方は有料でも構わない。
還元率 支払い額に対して受け取れるポイントの割合。高いほどお得。 高いほど良い。1%以上が望ましい。高過ぎて困ることはない。
ポイントの種類 支払い時に獲得できるポイント名。楽天ポイント・Oki Dokiポイント等。 何でも良い。
限度額 カード会社から借りられる金額。カード利用により信用を積み重ねると上がっていく。 高いほど良い。ただし、頻繁にカードを使わない人の場合、10万以下でも問題ない。
国際ブランド 加盟店で支払いが可能。加盟店以外では支払いができない。 VISAが良い。次点でMasterCard。
保険 カード盗難時・購入商品破損時に受取可能な保険。 何でも良い。海外旅行に行く人は「海外旅行保険」があると良い。
クレジットカード活用法
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書