コンビニでSuicaをチャージする方法&お得なチャージ方法を紹介

Suica

Suicaはコンビニで超簡単にチャージすることができます。

この記事では、Suicaのチャージが可能なコンビニ、Suicaをチャージする方法を丁寧に紹介しています。

また、特定のクレジットカードを使えば、Suicaにチャージすることでポイントが貯まるため、お得にSuicaを使えます。

お得なチャージ方法も紹介しているので、お金を節約したい方は一読してみてください。

スポンサーリンク

Suicaチャージが可能なコンビニ

コンビニ名 Suica モバイルSuica
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルK
ミニストップ
スリーエフ
デイリーヤマザキ ×
ニューデイリー
コミュニティストア
セイコーマート
ローソンストア100
New Days

※一部店舗では、Suicaのチャージができません。

メジャーどころのコンビニであれば、どこでもSuicaのチャージが可能です。

コンビニでSuicaをチャージする手順

  1. 店員にSuicaのチャージを申し出る
  2. 専用端末にSuicaを置く
  3. 画面からチャージ額(1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円)を選ぶ
  4. チャージ額を現金で支払い
注意点
・クレジットカードによる支払いはできない
・チャージ上限は20,000円

買い物なしでチャージだけでも店員さんは対応してくれます。

コンビニ以外でSuicaをチャージする方法

Suicaのチャージはコンビニ以外でもできます。

自分にとって最適なチャージ方法を見つけてください。

コンビニ以外の店舗でチャージ

Suicaはコンビニ以外の以下の店舗でもチャージすることができます。

スーパー
イオン ピーコックストア まいばすけっと ピアゴ
家電量販店
ビックカメラ コジマ ソフマップ
ドラッグストア
ツルハドラッグ 薬の副太郎 ESSO
駅構内の店舗
AS E’SITE S-PAL GRANDUO
TERMIYA FESAN Montres

券売機でチャージ

駅の自動券売機・多機能券売機でSuicaをチャージすることができます。

おそらくこの方法が一番メジャーな方法でしょう。

チャージ方法は以下の手順で行います。

  1. 券売機へSuicaを投入
  2. 入金額(500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円)を選択
  3. 現金で支払い

コンビニでチャージする場合と違い、券売機では500円のチャージが可能です。

また、店員と直接接触する必要がないため、気が楽かもしれません。

オートチャージ【お得!】

オートチャージとは、カード使用時に残高が足りなくなったら、自動的に指定したクレジットカードからチャージされる機能のことです。

例えば、Suicaの残高が1,000円の状態で、Suicaを使って2,000円の買い物をしたとします。

普通ならば、残高が足りないので支払うことはできません。

しかし、オートチャージ機能を有効にしておけば、残高が足りなくても勝手にチャージしてくれるので、チャージの手間なく支払いを済ませることができます。

要するに、オートチャージ機能を使えば、わざわざ現金を使ってチャージする必要はなくなるということです。

オートチャージ機能のメリット

オートチャージはチャージの手間が省けるだけではありません。

クレジットカードでSuicaにチャージすると、ポイントを貯めることができます。

 

Suicaへチャージすることができるクレジットカードは「ビューカード」のみです。

ビューカードにはいくつかの種類がありますが、全て1000円チャージで15円分のポイントを貯めることができます。(還元率1.5%)

普通に現金でチャージするよりも、クレジットカードを使ったほうが確実にお得なので、ぜひこの機会にオートチャージ機能を使ってみてください。

オートチャージ機能を使うための準備

オートチャージ機能を使うためには、以下の手順を踏んで準備する必要があります。

  1. ビューカードを発行する
  2. 駅のATM「VIEW ALTTE」にてオートチャージの申し込みをする

オートチャージの決済用クレジットカードは、「ビューカード」しか使えません。

楽天カードやオリコカード、エポスカードなどの大衆向けのクレジットカードは一切使えないです。

 

ビューカードにはいくつか種類がありますが、一番のおすすめは「ビックカメラSuicaカード」です。

ビックカメラSuicaカードは初年度の年会費が無料、2年目以降も年1回以上カード払いすれば無料なので、ノーリスクでカードを発行することができます。

他のビューカードはどれも年会費が有料であるため、管理人はビックカメラSuicaカードをおすすめします。

⇒ビックカメラSuicaカードの申込はこちら

Suica
スポンサーリンク
kodoku311をフォローする
イラストで学ぶ!クレジットカードの教科書